20100415

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

  スローレポート 『S-Report』 (4/15号)

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

◆◆◆ 学びをつなぐ未来をつくる地域のESD ◆◆◆


 3月23日、環境省の「学びをつなぐ未来をつくる地域のESD活動推進シンポジウム」が東京のオリンピック記念青少年総合センターで開かれた。 

 

 

 ESDとは「持続可能な開発のための教育」のことで、ヨハネスブルグサミットで日本が提唱し実現した「国連 持続可能な開発のための教育の10年」が05年からスタートしており、内閣府を中心に「関係省庁連絡会議」が設けられ、政府と民間の「国連 ESDの10年円卓会議」も開かれ、世界的にもボンで会議が開かれ中間年の総括が行われている。
 
 まず、基調講演「学びをつなぎ,子どもと地域の未来をつくるESD」では、宮城県気仙沼市立中井小学校教頭の及川幸彦氏が今までの気仙沼の小学校での実践と教育委員会の取り組みについて語り、地域でのヨコの連携と小中高のタテの連携などにふたつの「学びをつなぐ」ことを述べた。

 次に、「地域におけるESD活動の促進に向けた取組の現状」環境省環境教育推進室の岡本光之室長が環境省のこれまでのESDの政策と後半の取り組みである「+ESDプロジェクト」につてて説明した。

 そして、パネルディスカッション「地域のESD 活動推進のための方策~+ESDプロジェクトの可能性~」では前出の及川氏をふくめて、多様な分野・セクターからの意見・提案などが語られた。
 東京ボランティア・市民活動センターアドバイザーの安藤雄太氏は全国の社協のボランティアセンターは福祉を中心に学びをつなぐ活動をしているが、現在は福祉に限らず住民ニーズに向き合って様々な活動を支援していると述べた。
 株式会社損保ジャパン CSR・環境推進室長の関正雄氏は同社の活動や企業のCSRとESDの関係、そして、現在策定中のSR社会的責任規格であるISO2600にESDを反映させたことなどを語った。  
 財団法人北海道国際交流センター事務局長の池田誠氏は純粋な民間財団法人として国際交流から、地域ニーズに即した様々な事業を行っていることを述べた。 

 2月19日、多摩市立教育センタでー「多摩市ESD研修成果発表会」が行われた。多摩市では気仙沼市とは違ったやり方で市教委が多摩市ESD研修を行い、これは教員によるその取り組み・成果を発表するものだった。

 このようにESD「国連持続可能な開発のための教育の10年」の中間年の終わりに、ESDの深化と新たなネットワークの試みが現れてきた。


〔参考〕

「+ESDプロジェクト」
 http://www.p-esd.go.jp/

 

◆◆◆             ご案内              ◆◆◆

 
★★★★★埼玉地域ファンド研究会 第33回ご案内★★★★★ 

  【ワークショップ】魅力的な事業報告書をつくろう!

桜前線とともに年度末を迎え、事業報告書づくりをしなくちゃと
思っている方も少なくないと思います。
そこで、参加者が事業報告書を持ち寄って、ワークショップ形式で、
誰向けにどんな工夫して作っているか等をわいわいと話しながら、
魅せる“技”をシェアしたいと思います。

■日 時:4月14日(水)19:00~21:00

■場 所:浦和コミセン 第8集会室
    (浦和駅東口 目の前 パルコ10階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=985

■参加費:500円
 
■持ち物:1)ご自分の所属する団体の総会議案書 or 事業報告書 1部
       →企業の方はCSRレポートもOK。

     2)私のお気に入りの報告書 1部
       →事業報告書に限らず、調査報告書等でもOKです。
        この団体のはいい!捨てたくない!お手本にしたい!を。

■主 催:埼玉地域ファンド研究会

■定 員 :18人(先着順)

■参加申込「4月ファンド研・参加希望」とお名前を明記の上、ご連絡ください。
      office@hands-on-s.org(若尾)

 

〓〓 SITE 更新情報 〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

スロータイムス★メールマガジン  
http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/

大切なことを伝えよう
 市民メディアslowtimes.net          
 http://slowtimes.net/

 


想いをカタチに 
 ソーシャルプロデュースネット       
 http://socialproduce.net/

こどもと地球の平和的未来をつくる教育
 ESD  
 http://esd.weblogs.jp/

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スローレポート『S-Report』
●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。
●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。
●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。
●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。
Slowtimes.net http://slowtimes.net
              fq@slowtimes.net

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)