20091015

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

       スローレポート 『S-Report』 (10/15号)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

 海外における日本の文化というと伝統芸能や美術の浮世絵、相撲があげられる。また、日本の製品「メイド・イン・ジャパン」としてのデジカメ、ウォークマンや家電などがある。もちろん、俳句や村上春樹、吉本ばなななどの文学も日本文化として取り上げられる。

 
◆◆◆    Cool Japan と Cawaii   ◆◆◆ 

 

 しかし、このような日本の伝統文化や「メイド・イン・ジャパン」ではない日本の文化が受け入れられている。これらは日本のマンガやアニメから発した文化やストリートファッション、女子高生ファッションなどから発したスタイルがCool Japan(カッコイイニッポン)とCawaii(カワイイ)として海外で受けしている。

 Cool Japanは、海外で日本の伝統文化や「メイド・イン・ジャパン」ではない新しいニッポンのポップカルチャーが評価されたことがNHKの番組『Cool Japan』などのメディアよって取り上げられて広がった。
 Cawaiiも、主婦の友社がかつて発行していた雑誌『Cawaii』だけでなく、ストリートファッション、女子高生ファッションが海外で評価されたことがメディアよって取り上げられて広がった。
 
 すでに、世界の若い世代には日本発のアニメやマンガは共通の文化、ポップカルチャーとなっていいる。宮崎アニメ、ドラえもんや「ドラゴンボール」や「キャプテン翼」ばかりでなく、「スラムダンク」なども知られていて翻訳マンガも読まれている。
 これは、アニメやマンガ、コスプレだけでなく、キティやストリートファッション、女子高生ファッションから生まれたCawaiiファッションはライフスタイルにも影響を与えている。


 日本政府の「クール・ジャパン戦略」は、アニメ、マンガ、ゲーム、ファッションなどに代表される日本の文化で世界に国家ブランドを広めて、経済的利益につなげようという日本の21世紀国家戦略であり、国際親善や国威発揚や産業育成に活用している。
 外務省は、既に、女性に人気が高いファッショニスタの3人を「カワイイ大使」に任命し、各国でイペントを行っている。また、経済産業省は産業構造審議会の基本問題検討小委員会の報告書に「マップ」(消費トレンドマップ)を作ることに決めた。
 
 ここでは、政府や産業界・営利メディアがCool JapanとCawaiiをどう活用するかを述べるつもりはない。
 ただ、Cool JapanとCawaiiから発した文化が世界の共通の文化のひとつになることができれば、世界の相互理解や平和に計り知れない影響を及ぼすかもしれないことを指摘したい。


 最後に、日本のアニメ、マンガ、ゲーム、そして、間接的にCool JapanとCawaiiの生みの親のひとりである手塚治虫が最後に残したメッセージ「ガラスの地球を救え」にはこうある。


「なんとしてでも、地球を死の惑星にはしたくない。

 未来に向かって、地球上のすべての生物との共存をめざし、

 むしろこれからが、人類のほんとうの“あけぼの”なのかもしれないとも思うのです。」

                          (手塚治虫)


◆◆◆             ご案内              ◆◆◆


*********************

     NPOと埼玉県の協働事業 

 「わがまち発見映像塾」 開催のお知らせ

*********************


市民映像フォーラム(NPO法人 東上まちづくりフォーラム・グループ)では埼玉県との共同事業として来る10月3日(土)から開催する「わがまち発見映像塾」の受講生を募集しています。

講座は初級講座と中級講座があり、映像を通して自分の住むまちをみつめなおす “まちづくりリーダー”の育成を目的としています。

概要は以下の通りです。

【初級講座】 =みんなが見てくれる映像の撮り方 (1日講座)

 ・開催日と場所<会場>

  10月 3日(土)  深谷市 <旧七ツ梅酒造>
  10月 4日(日)  志木市 <J:COM東上>
  10月10日(土)  坂戸市 <坂戸駅前集会施設> 
  10月11日(日)  北本市 <北本中央公民館>   長岡
  10月17日(土)  秩父市 <クラブハウス21>  長岡
  10月18日(日)  飯能市 <飯能日高テレビサテライトスタジオ>

 ・時間;    =各会場とも 午後1時30分から4時30分
 ・募集人員;  =各会場とも 30名
 ・費用;    =各会場とも 資料代: 500円

【中級講座】 =めざせ! 市民映像記者への道 (3日講座) 

 ・開催日と場所<会場>

  10月31日(土)、11月15日(日)、11月22日(日)  志木市 <J:COM東上>
  11月 7日(土)、11月21日(土)、11月28日(土)  深谷市 <旧七ツ梅酒造>
  11月14日(土)、11月29日(日)、12月 5日(土)  飯能市 <飯能日高テレビサテライトスタジオ>

 ・時間;    =各会場とも 午後1時30分から5時30分
 ・募集人員;  =各会場とも 15名
 ・費用;    =各会場とも 資料代: 3、600円

【講師予定者】(敬称略)
 
 長岡素彦、 星合達郎、 柴田郁夫、 小津美峻三、 松下明正 

 

詳細および応募等は・・・・・・・・・・・市民映像フォーラムのホーム・ページ;  http://www.telework.to/eizou/

お電話によるお問い合わせは・・・ 市民映像フォーラム TEL; 048-476- 4600をご利用ください。 


〓〓 SITE 更新情報 〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

スロータイムス★メールマガジン  
http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/


大切なことを伝えよう
 市民メディアslowtimes.net          
 http://slowtimes.net/

想いをカタチに 
 ソーシャルプロデュースネット       
 http://socialproduce.net/

こどもと地球の平和的未来をつくる教育
 ESD  
 http://esd.weblogs.jp/

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スローレポート『S-Report』
●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。
●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。
●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。
●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。
Slowtimes.net http://slowtimes.net
              fq@slowtimes.net

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)