私のだいじな場所 公共施設の市民運営を考える

 

調査報告書  

 

 

    『 私のだいじな場所 公共施設の市民運営を考える 』

 

     [公共施設の市民運営調査プロジェクト2005報告書]

 

     編集: 協働→参加のまちづくり市民研究会

     発行: 特定非営利活動法人 市民活動情報センター・ハンズオン埼玉

     頒価: 1,000円(送料別)

     発行: 2005年11月  AB判変形128頁 初版(完売)

          2006年 3月  AB判変形136頁 増補第二版(完売)

          2007年10月  AB判変形136頁 第三版

 

    ※『私のだいじな場所』blogはこちら…  http://www.hands-on-s.org/daiji/

 

 

    子どもも大人も全員で走る運動会をひらく保育所、

    市民によって耕される里山の田んぼ、

    伝統行事を生かしたコミュニティづくりをすすめる公園、

    子どもの遊びと自由について考えつづける公園、

    茶店のある公民館のような市民立の介護施設、

    携帯メールで運営される障害児学童、

    「住民立」を選択した学童保育、

    会費と寄附で支えられる子ども図書館、

    空き地を耕すことで、まちの空気を変えた畑……

 

        そこには、

        確かにもうひとつの公共の姿がありました。

        それは、人と人の間で生まれていました。

 

    ……「官から民へ」、

    保育所や図書館の民間委託、民営化、

    公民館・文化ホールの廃止再編、

    そして指定管理者制度……

    大きな波が全国の公共施設をおおっています。

    その一方で、

    市民自身が運営の担い手となって、

    ユニークな場づくりがすすんでいます。

 

        「お役所運営」はもういらない。

        でも、「お金」じゃないんだよ。

 

    「……では、なにがよくて、

    どうだったらダメなの?

    公共施設のあり方について、

    あらためて考えてみよう──」

    市民による場づくりの現場に出かけ、

    語りあった記録です。

 

 

……もくじ……

 

 第一部 「私」からはじまるみんなの場所

 

    ・まちを子どもの宝物にする仕組み―「がくどう」運営の現場からの“保護者論”

    ・託児と保育を考える

    ・「ボラマネ」は、個人営業最前線!―障害児・学童クラブ「さとっこクラブ」訪問記

    ・新たなまちをつくる、その風景―ケアセンター成瀬見聞記

 

 第二部 円卓のある風景

 

    ・そこには大人も変わる「何か」がある?!―草加プレーパーク(冒険松原あそび場)見聞記

    ・「子どものまち」が描くまちの未来図―『子どもがつくるまち ミニさくら』見聞記

    ・エコプチ流公共空間のつくり方

    ・年中行事の底力―長屋門公園(横浜市)訪問記

    ・「ひと」がつくる田んぼの公園―横浜市・舞岡公園訪問記

    ・里山と広場をめぐって―舞岡公園と横浜の緑地管理の特徴

 

 第三部 人が育む場所、場所が育む人

 

    ・公民館という場をつくる人びと―私の出会いから

    ・公民館、協働=異質なものとの出会いはあるか

    ・市民参加+アウトリーチ=公共文化施設の活性化

    ・人をつなぐ図書館―高知子どもの図書館訪問記

 

 第四部 まちの未来の描き方

 

    ・指定管理者制度―管理運営の民間開放は「新しい公共」を生みだすのか?

    ・「こちら」と「あちら」―市民と行政組織の壁

 

 ※このほかにも、論文やコラムを多数掲載

 

 執筆者;伊関友伸/岡幸江/斎藤美冬/橘貴子/土屋真美子/中村博行/長岡素彦/西川正(編集長)/平田裕之/深作拓郎/福田良/松谷正晴/安田直弘/吉田勉/四元恒慈

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)