20170831

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

   スローレポート 『S−Report』 (8/31号)

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 SDGs・CSVと地域連携教育です。

 

 ◆◆◆ SDGs・CSVと地域連携教育  ◆◆◆

 


「SDGs・CSVと地域連携教育」

 

尚、この公開研究会の内容は、「アクティブラーニング・PBL、地域連携教育に関する実践・調査研究」の関係性の教育学会年度大会(2018年)の最終報告でも発表されます。

 

 SDGsとCSVの研究会

 

主催 未来の学びと持続可能な開発・発展研究会

 

日時 9月9日(土)  場所 渋谷

 

 本公開研究会は「SDGs・CSV」について取り上げについて論議します。

 

1.開催挨拶 

2.発表・内容討論

仮「SDGs・CSV」 

神田外語大学 言語メディア教育研究センター長 石井雅章

仮「CSVー東北復興の事例」

一般社団法人 地域連携プラットフォーム代表理事 長岡素彦

防災・減災日本CSOネットワーク 運営委員(運営団体)

コメンテーター

地球環境パートナーシッププラザ  高橋朝美 

3.論議内容 

 

 

SDGsとCSVの関係など

 

 

 

 

 ◆◆◆ お知らせ ◆◆◆     

 

 

 

SDGs 企業と地域の協働研究会

 

2017 年 9 月 13 日(水)

時 間:17:00~18:30

場 所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

参加費: 無 料 (※懇親会別途1,000円)

対 象: 企業CSR担当者 企業との協働に興味がある方

定 員: 20名

 

■企業の“ものがたり”、地域の“ものがたり”を SDGs で整理することで、社会にインパクトを生み出す 仕組みのヒントが見つかるかも!? ■自社の価値を高めることと、社会のニーズを満たすことは矛盾しない!二兎追うことで、地域も喜ぶ 社会貢献!

 

【スケジュール】 

 

17:00 イントロ・自己紹介 レクチャー(20 分)

17:15 「“本業”から考える経済・社会・環境のバランス」

17:35 ワークショップ(50 分) ※上記レクチャー、SDGs に関連

18:25 シェア・発表 18:35 まとめ 18:45 終了

 

18:45〜19:30 懇親会(任意)

 

 

講師プロフィール

石井 雅章 氏

神田外語大学言語メディア教育研究センター⻑・准 教授。

専門は環境社会学。『環境事典』(旬報社)で は、「企業と環境」分野の約 100 語を担当。

前任校 では、学生とともに休耕地活用プロジェクトを展開 し、「社会人基礎力を育成する授業 30 選」に選定さ れる。研究・実践者集団 「未来の学びと持続可能な 開発・発展研究会(みがく SD 研)」では、持続可能 な開発目標(SDGs)と自治体計画、PBL (Project & Problem Based Learning)、イノベーション教育等 の研究・実践を行っている。

 

 

主催:関東地方環境パートナーシップオフィス(関東 EPO) 共催:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

 

 

日本計画行政学会第40回大会:

 

9/8 青山学院大学(青山キャンパス)

 

 ガバナンス時代の自治体計画と持続可能な開発目標(SDGs)の接点を探る

 

  Exploring the connections for local and regional government planning 

  and Sustainable Development Goals(SDGs)in the age of governance

 

畑正夫(兵庫県立大学,University of Hyogo)

 「自治体総合計画とSDGsの接点を探る意義」(コーディネーター)

 

滝口直樹(合同会社環境活動支援工房)

       「持続可能な開発と自治体との関わり-リオ会議からSDGsへ」

 

村山史世(麻布大学, Azabu University)

       「ガバナンスの諸相と自治体計画」

 

石井雅章(神田外国語大学,Kanda University of International Studies)

       「自治体計画とSDGsの述語比較-接合性の観点から」

 

長岡素彦(一般社団法人地域連携プラットフォームPlatform for regional cooperation)

 「マルチステークホルダープロセスによる自治体計画とSDGs」

 

 

  フェイクニュース・ヘイトニュースとメディア情報リテラシー 

 

 この頃、二ュース、特にフェイクニュース・ヘイトニュースが問題となっています。

 この問題についてニュースを発信する新聞社とメディア情報リテラシーや教育の専門家からお話をお聞きして、論議します。

 

日時  9月16日(土) 13時開場 13時半-17時 予定 

場所   武蔵浦和コミュニティセンター 第3集会室 

〒336-0021さいたま市南区別所7-20-1 サウスピア8階 

「JR武蔵浦和駅西口」徒歩2分!

  http://musashiurawa-sp.info/musasi/

 

主催   EPA関係性の教育学会

共催   一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)

     日本ジャーナリスト会議(予定)

協力   埼玉新英語教育研究会 

後援 埼玉新聞 検討中

第1部

主なスピーカー

関係性の教育学会 淺川和也

埼玉新聞  吉田俊一

一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター  坂本旬

  他

 第2部では、質疑応答、論議をしたいと思います。 

 

入場料 500円 当日お越しください。

 

◉進行

主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC&EPA) 

 

◉第一部 

◉第二部終了その後、懇親会の予定

 

 

〓〓 SITE 更新情報 〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

以下も継続します。

 

 大切なことを伝えよう

 市民メディアslowtimes.net

 http://slowtimes.net/

 

想いをカタチに

 ソーシャルプロデュースネット

 http://socialproduce.net/

 

こどもと地球の平和的未来をつくる教育

 ESD

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved