20150806

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

スローレポート 『S−Report』 (8/6号)

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

  「開発教育全国研究集会」in 北海道で発表します。

 

◆◆◆ 「ESDと復興」と「企業のESD」 ◆◆◆


・「ESDと復興」プロジェクトと国連世界防災会議 


 発表者: 長岡 素彦 (ESD学校教育研究会、一般社団法人 地域連携プラットフォーム)


 震災前から持続可能な地域づくりやESDを実践して、震災後は東北で支援と「ESDと復興」プロジェクトを行ってきま した。また、「第3回国連世界防災会議」において、日本のNGOのネットワークである2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)を結成し、提言だけでなく、市民が参画する防災・減災のプロジェクトを行ってきました。

今回、宮城、岩手などで行った「ESDと復興」プロジェクトと国連防災世界会議での2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)の具体的活動や提言、仙台の市民世界防災会議や福島の市民世界防災会議や「福島 10の教訓~原発災害から人びとを守るために~」などを発表します。

 

・ 企業向けESD人材育成プログラム・ 企業向けCSRプログラム 長岡素彦

 

  発表者: 長岡 素彦 

(NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)、一般社団法人 地域連携プラットフォーム)

 

持続可能な世界を実現するには、学校や地域ばかりでなく、企業でのESDの実施が重要ですが、DESD後でも企業のESDが進んでいません。そのために今までのESDの成果やノウハウをいかして、企業向けESD人材育成プログラム・ 企業向けCSRプログラムを作成しました。 

まず、企業向けESD人材育成プログラムは、社員教育で企業でのESDの担い手になる人の育成のプログラムとESDとしてのCSRを実施ていくCSR(ESD)コーディネーターの育成プログラムです。

次に、企業向けCSRプログラムは、そのCSR(ESD)コーディネーターが企業の既存のCSRプログラムをESD化する検討と実施を行います。このプログラムでは、そのESD化したCSRプログラムをもとに地域の人々や地球市民と新しいCSR・ESDのプログラムを実施、または、企業が地域のプロジェクトに参画するCSR・ESDを実行していきます。

 

 

 


◆◆◆  お知らせ  ◆◆◆

 

 

第33回「開発教育全国研究集会」in 北海道/2015年8月8・9日

 

今年の「開発教育全国研究集会(全研)」は8月8・9日(土・日)に北海道大学で開催します。

 

発表

・「ESDと復興」プロジェクトと国連世界防災会議 長岡素彦

・ 企業向けESD人材育成プログラム・ 企業向けCSRプログラム 長岡素彦

 

▼開発教育全国研究集会(全研)実施概要 ※予定

 

・全体テーマ:「市民性」をはぐくむ開発教育

・日時:2015年8月8日(土)・9日(日)

・会場:北海道大学(北海道札幌市)

・対象:開発教育・国際協力・ESDの実践者、学生、研究者、ほかテーマに関心のある方

・定員:300名

・参加費:会員5,000円、一般6,000円、学生2,000円

 (※1日参加の場合 会員3,000円、一般4,000円、学生1,000円)

・主催:第33回開発教育全国研究集会実行委員会

 

 

1日目のプログラム 8月8日(土)10時~18時

 

教材体験ワークショップ

ランチタイム・セッション(パネル展示/ポスターセッション) ★企画募集!

シンポジウム「市民性をはぐくむ開発教育」(仮題)

 

自主ラウンドテーブル(70分×2ラウンド) ★企画募集!

交流会(自由参加)

 

2日目のプログラム 8月9日(日)9時半~16時半

 

分科会1: 平和教育/戦後70年

分科会2: 先住民族・アイヌ

分科会3: 環境/持続可能なまちづくり

分科会4: 市民性教育・政治と市民性

分科会5: 若者(ユース)

分科会6: 開発教育における国際理解

ランチタイム・セッション(パネル展示/ポスターセッション) ★企画募集!

全体会

 

※参加申込受付は、6月上旬より開始します。

※8月10日(月)には、いくつかのエクスカーション・プログラムを予定しています。(参加任意・別料金)

 

 

 

〓〓 SITE 更新情報 〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


以下も継続します。


大切なことを伝えよう

 市民メディアslowtimes.net

 http://slowtimes.net/


想いをカタチに

 ソーシャルプロデュースネット

 http://socialproduce.net/


こどもと地球の平和的未来をつくる教育

 ESD

 http://esd.weblogs.jp/

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)