201411291


 11月29日、日本学術会議学術フォーラム(30学会からの 発信 )「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか」が日本学術会議講堂で開かれた。

趣旨「国連防災世界会議(2015 年3 月仙台市)、世界工学会議(2015 年11 月京都市)に先立ち、わが国の防災・減災に関連する諸学会、および社会経済や医学等の幅広い分野の学者が集まり、東日本大震災・阪神淡路大震災をはじめとするこれまでの自然災害から得られた知見を、世界の防災・減災にどう活かしていくべきかを、分野の壁を越えて議論する。」 




 日本学術会議の大西会長のスピーチでは、仙台会議やSDとの関係について語り、日本学術会議としては科学・技術の観点から仙台会議にインプットするとのことを述べた。

「日本学術会議の防災・Future Earthに関する国際活動」として春日文子日本学術会議連携会員が、「世界工学会議について」として依田照彦(日本学術会議会員)が述べた。



「災害に強い国土と環境」として嘉門雅史日本学術会議連携会員、「地球気候変動と防災・減災」として小松利光日本学術会議会員が語った。 


 その後、ディスカッション「大震災の経験を国際的にどう活かすか」として技術面を中心とした議論、社会面を中心とした議論が行われ、30学会共同声明(英文)の発表および全体討論が行われた。



 


司 会 目黒公郎(日本学術会議連携会員、東京大学教授)

1 0:0 0‐1 0:2 0 挨拶・趣旨説明
 本フォーラムの趣旨、学協会連絡会の紹介 和田章(日本学術会議会員、東京工業大学名誉教授)

 来賓挨拶 日原洋文(内閣府政策統括官(防災担当))
      佐藤順一(日本工学会会長)

 講 演1: 国連防災世界会議について
      大西 隆(日本学術会議会長, 豊橋技術科学大学学長, 東京大学名誉教授)
 講 演2: 日本学術会議の防災・Future Earthに関する国際活動
      春日文子(日本学術会議連携会員・前副会長, 国立医薬品食品衛生研究所)
 講 演3: 世界工学会議について
      依田照彦(日本学術会議会員, 早稲田大学教授)
 講 演4: 災害に強い国土と環境
      嘉門雅史(日本学術会議連携会員, 京都大学名誉教授)
 講 演5: 地球気候変動と防災・減災
       小松利光(日本学術会議会員, 九州大学名誉教授)

ディスカッション「大震災の経験を国際的にどう活かすか」 (14:55-15:10  休 憩)
  コーディネータ 米田雅子(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学特任教授)
  パネリスト   「東日本大震災の総合対応に関する学協会連絡会」各学会の代表者


セッション1:


 技術面を中心とした議論
  環境システム計測制御学会 会長 清水芳久
  空気調和・衛生工学会 副会長 富田弘明 
  計測自動制御学会 会長 仲田隆一
  砂防学会 会長 石川芳治
  地盤工学会 会長 東畑郁生
  土木学会 会長 磯部雅彦      
  日本応用地質学会 会長 長谷川修一
  日本活断層学会 会長 岡田篤正 
  日本機械学会 会長 久保司郎 
  日本原子力学会 標準委員会委員長 宮野 廣
  日本コンクリート工学会 会長 三橋博三   
  日本地震学会 会長 加藤照之
  日本地震工学会 会長 安田 進
  日本地すべり学会 会長 土屋 智 
  廃棄物資源循環学会 理事 吉岡敏明


セッション2:
 社会面を中心とした議論
  こども環境学会 会長 小澤紀美子
  地域安全学会 副会長 糸井川栄一
  地理情報システム学会 会長 矢野桂司
  日本火災学会 会長 田中哮義
  日本計画行政学会 理事 山本佳世子
  日本建築学会 会長 吉野 博
  日本災害情報学会 副会長 田中 淳
  日本自然災害学会 副会長 寶 馨  
  日本集団災害医学会 代表理事 山本保博
  日本造園学会 会長 下村彰男
  日本地域経済学会 山川充夫
  日本都市計画学会 会長 中井検裕   
  日本水環境学会 会長 迫田章義
  農業農村工学会 会長 渡邉紹裕
  東京会議 (2015年1月) 国内組織委員長 小池俊雄

17:00-17:25 30学会共同声明(英文)の発表および全体討論
17:25-17:30 閉会挨拶

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved