20140522

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 スローレポート 『S−Report』 (5/22号)

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


   ◆◆◆  ESDの市民・協働の展開  ◆◆◆ 

 

 ESD地域ミーティングを北海道、岩手、埼玉で実施し、これから多摩、茨城でも実施します。

 

 

 ESDは日本の市民がヨハネスブルグサミットで提案し、国連総会で決議された持続可能な開発のための教育の10年のことで、政府の実施計画、私たち民間の実施によって広い意味の教育を変えてきた。

 そして、今年はESD総括年で秋にはユネスコと日本政府でESD世界会議が行われる。

 

 それに対して市民サイドでは、市民・協働でESD地域ミーティングの内容を6月21日・ 22日開催の「地域と市民社会からのESD提言フォーラム」と8月20日から23日まで開催の「ESD の10年・世界の祭典」推進フォーラム主催事業「ESD地球市民村」で集約し、論議する。

 

「地域と市民社会からのESD提言フォーラム」(東京・ESDJ)

 6月21日 11:00-18:00 

   22日  9:30-14:30 

 主にESD地域ミーティングの内容を論議して「地域と市民社会からのESD提言」を作成する。

 

「ESD地球市民村」(東京・国連大学)

 8月20日、「ESD会議2014」(仮称)

 8月21.22日、「ESDの10年・地球市民会議2014」(仮称)

 8月20.21.22日、「ESDラーニングプログラム」(仮称)

 全国の地域ESD地域ミーティングの内容や「地域と市民社会からのESD提言」を論議するとともに、毎年行っている「ESDの10年・地球市民会議」の中で課題とともに論議するとともに、10年のESDの実践を学ぶラーニングプログラムを展開する。

 

 さて、多摩、茨城のESD地域ミーティングのご案内です。

 

「ESD多摩地域ミーティング」

~多摩市教育委員会・稲城市教育委員会主催~

<協力>認定 NPO 法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)

 

 多摩地域のユネスコスクールにおける ESD の取組の成果を共有し、多摩地域における取組の 特徴を分析するとともに、今後の取組の方向性を参加者の皆さまとともに考え、具体的な学び の在り方を創り上げます。

※本会での成果を ESD-J 主催「地域と市民社会からの ESD 提言フォーラム(6月21日・ 22日開催)」及び「ESD の10年・世界の祭典」推進フォーラム主催事業「ESD 地球市民村(8月20日から23日まで開催)」で発信いたします。

 

 1 開催日時及び開催場所

   5月23日(金) 午後1時30分~午後4時45分

    多摩市立永山小学校(多摩市永山2-8-1)

   5月24日(土) 午前9時30分~午後3時30分

    稲城市立稲城第六中学校(稲城市若葉台3-11)

2 スケジュール

1日目(5月23日)「これまでの多摩地域における ESD を振り返り、分析する」

セッション1 学校・市民・企業の ESD の取組報告

セッション2 ワークショップ「多摩地域の ESD の特徴と効果の分析」

2日目(5月24日)「どうやる、2050年の大人づくり」 セッション3(午前)「各テーマから考える多摩地域における学びの在り方」(分科会)

分科会1:「エネルギーから考える」

コーディネーター 多摩循環型エネルギー協会 理事 山川勇一郎氏

分科会2:「食から考える」

コーディネーター FIO 株式会社 代表取締役 船木翔平氏

分科会3:「防災から考える」

コーディネーター 富士ゼロックス株式会社 営業計画部復興推進室 中川愼一氏

分科会4:「国際理解から考える」

コーディネーター JICA 多摩地区デスク 浦輝大氏

 

ーーー

 

「子どもや当事者から地域と世界に発信しよう!」

  ESD茨城地域ミーティング

 

日 時:

2014年6月7日(土)午後1時〜4時(開場:12時半)

場 所:

トモスみと 業務ビル 4階会議室(水戸市大工町1-2-3)

 

内 容:

開催挨拶と趣旨説明 

ESDって何?

事例紹介①:多様な主体が未来志向で対話し、子どもや当事者が活躍する活動を生み出す「フューチャーセンター ∞ 茨城」

ミニ・ワークショップ

事例紹介②:水戸市立新荘小学校で実践した「なたねプロジェクト」(6年生による家庭廃油循環のためのアクションにまでたどり着いた事例)

休憩

ワークショップ:「子どもや当事者から地域を活性化させる方法を考えよう」

閉会挨拶

 

「地域と市民社会からの ESD 提言フォーラム(6月21日・ 22日開催)」及び「ESD の10年・世界の祭典」推進フォーラム主催事業「ESD 地球市民村(8月20日から23日まで開催)」で発信いたします。

 

◎参加申込書  締切:6月4日(水)

  FAX:029-300-4320   

  eメール:info@npocommons.org

 

◆◆◆             ご案内              ◆◆◆

 

関係性の教育学会第12回大会

http://epajapan.jimdo.com/年次大会/

 

日 時:2014年6月7日(土)13:15 - 16:45

会 場:武蔵野プレイス2階フォーラムA(JR武蔵境駅・南口)

    武蔵野市境南町2-3-18

    http://www.musashino.or.jp/place/_1205.html

参加費:500円

登 録:フォームにてhttp://epajapan.jimdo.com/年次大会/ 

申し込み期日:6月5日(木)当日受付分も登録願います。

問合せ:epajapan@gmail.com

発表希望:日本語300字/英語30語で要旨を5月31日までに登録フォームに投稿してください。発表は10分です。

 

 

〓〓 SITE 更新情報 〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

スロータイムス★メールマガジン

http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/

 

 

大切なことを伝えよう

 市民メディアslowtimes.net

 http://slowtimes.net/

 

想いをカタチに

 ソーシャルプロデュースネット

 http://socialproduce.net/

 

こどもと地球の平和的未来をつくる教育

 ESD

 http://esd.weblogs.jp/

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

スローレポート『S−Report』

●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

 

●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。

●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。

●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。

●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。

Slowtimes.net http://slowtimes.net

              fq@slowtimes.net

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved