20140226

第2回学生ボランティアと支援者が集う全国研究交流集会」(Make a difference! 学生ボランティアフォーラム)

 

 2月25日から27日まで「第2回学生ボランティアと支援者が集う全国研究交流集会」 Make a difference! 学生ボランティアフォーラムが国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた。

 

 学生企画の第二分科会で話とファシリテーションしました。

 

 学生ボランティアフォーラム 第二分科会

 「Change 自己改革 ~学生企画!地域のために私たちができることとは~」

 

「ESD、最近よく聞くこの言葉について学びたい!」「自分たちが地域で行っている活動について、更に可能性を見出したい!」「全国で活動している大学生の情報や活動内容をシェアしたい!」そんな大学生のために。一歩踏み出す力と悩みの解決と全国の仲間づくりと!新しくできた仲間と共通の目標がもてる分科会に!」

 

 

 長岡素彦によるESDついてのレクチャーと牧野真弓氏、坪松美紗氏、金子直裕氏による体験談とESDについての話が行われた。

 

 

 その後、ワークショップを行った。

 

 

「第2回学生ボランティアと支援者が集う全国研究交流集会」

 Make a difference! 学生ボランティアフォーラム

 

1.趣 旨

近年の教育改革において地域で活動し学ぶ「サービスラーニング」や「ボランティア活動」の教育的意義が注目され、今後の活動の推進が期待されています。

そこで本研究交流集会では学生ボランティアを支援する大学と地域関係機関の担当者間の連携協力を深めるとともに、学生間の交流と学び合いの機会とし、それぞれの具体的な事例や課題について情報交換や協議を行います。

 

2.主 催 国立青少年教育振興機構

 

3.後 援 文部科学省、(独)日本学生支援機構

(申請予定)

 

4.協 力 公益財団法人上廣倫理財団

日本財団学生ボランティアセンター

日本ボランティア学習協会

 

5.期 日

平成26年2月25日(火)13時00分~2月27日(木)12時00分

 

6.会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター

東京都渋谷区代々木神園町3-1

小田急線「参宮橋」下車徒歩約7分

 

7.対 象

学生ボランティア、国公立大学・私立大学学生ボランティア担当教職員、関係機関職員等

 

8.定 員 500名(先着順)

 

9.日 程

詳しくは、下記URLをご覧ください。

http://www.niye.go.jp/files/items/1101/File/H25voryoukou.pdf

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)