20131107

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 スローレポート 『S−Report』 (11/7号)

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

     ◆◆◆  ESDの10年・地球市民会議2013 ◆◆◆

 

 10月18日、ESDの10年・地球市民会議2013(主催 文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、共催「ESDの10年·世界の祭典」推進ファーラム 認定NPO法人「持続可能な開発のための教育10年」推進会議(ESD-J)、立教大学 ESD研究センター)が 岡山コンベンションセンターで開かれた。

 

 

 

 

 

「ESDにたずさわる多彩なプレーヤーが一同に会し、日本そして世界の最新動向を共有。ESDをもっと広めるための課題について参加型の討議を行いながら、2014年のDESD最終年をオール・ジャパンで盛り上げるシンポジウムです。」

 

 主催者の文科省の開会の辞、岡山市長による共催者挨拶、来賓挨拶が行われた。

 

「ESDに関するユネスコ世界会議開催に向けたユネスコの取組みの現状報告」として文部科学省の岩本国際交渉分析官による説明があった。また、世界会議の提案のESDのグローバルアクションプログラムに関するESD-Jをはじめとした意見に謝意を述べた。

 

  基調講演1「世界におけるDESD10年の振り返り·評価と「ESDに関するユネスコ世界会議」への期待」として元国連大学学長ハンス·ファン·ヒンケル氏の講演が行われた。

 まず、ESDが終わる訳ではなく、世界会議はマイルストーンであり、今後はMDGと人間の安全保障の関係の中で進められ、ESDのグローバルアクションプログラムによって行われる。

 

 基調講演2「ESD先進国ドイツにおけるDESD10年の振り返り·評価と「ESDに関するユネスコ世界会議」への期待」として

フレーメン大学のゲオルク·ミュラー·クリスト氏の講演が行われた。

 ドイツにおけるDESD10年の取り組み、振り返り·評価を語り、拠点としての持続可能な大学について述べた。

 

 その後、「ユネスコスクール世界大会について」(ACCU)、「持続可能な開発のための教育に関する拠点の会議」(国連大RCE)、「ユース·コンファレンス」(五井)、「ESDの推進のための公民館·CLC会議」(岡大、同委員長)、「ステークホルダー会議開催に向けた岡山市での受け入れ準備状況の紹介」(岡山市)「ESDに関するユネスコ世界会議開催に向けたあいち·なごやの受け入れ準備状況」(同委員会)などの現状と最終年に向けた取組みの紹介がされた。

 

 午後は3つの分科会が行われた。

 

 分科会「地域のガバナンスを徹底的に高める」では、持続可能な地域づくり・ESDを多様な主体が行うためのマルチホルダープロセスによる意思決定・合意形成の仕組みづくりの必要性や、私たちの生活にある持続可能な地域づくり・ESDでの市民や基礎自治体のイニシアティブと市民の育成の重要性を論議し、地域ガバナンスの役割を検討した。

 事例として、岡山市における公民館を中心としたESDの取り組み、内子町でのESD的コミュニティの地域計画づくり、奈良市の歴史のESD、稲城市の2050年の大人づくり、北九州市の女性によるESDなどの実例を聞き、論議した。

 

 分科会「ESD教材のアーカイブ化を積極的に進める」では、「ESD教材のアーカイブ化」をどんな教材か、その対象は、どんな方法で誰が進めるかを論議した。

 図書館、映像アーカイブ、新聞社などの事例を聞き、今あるものがどこにあるのかから始まり、それをつなぐ整理する、そして、新たにつくるプロセスも教材であり、成長する教材をともにつくりたいということになった。

 

 分科会「優れた実践をみんなで積極的にほめる」では、ESDの「良いプロジェクトに光を当てる」「良いプロジェクトを褒める」活動を持続的に構築することについて議論した。

 地球環境基金、ESD大賞、生物多様性アクション大賞、復興支援岡山高校生アワードなど事例を聞き、ほめることはエンパワーメント、シェアであり、グッドプラクティスを評価するプロセスの中で「ほめる」仕組みをつくり、内発的に高め、共有し、教育としての普遍性を目指す。

  

 全体会では3分科会のまとめ個別発表が行われ、ESDJ代表理事の阿部治氏と文部科学省の岩本国際交渉分析官、フロアとの対話·パネルディスカッションが行われた。

 

 

◆◆◆             ご案内              ◆◆◆

 

 

公益社団法人日本環境教育フォーラム 清里ミーティング2013

 

主  催  公益社団法人日本環境教育フォーラム

協  力  ESD-Jほか

実施期間  2013年11月16日(土)~18日(月)

実施場所  公益財団法人キープ協会内 清泉寮 および 山梨県立八ヶ岳

      自然ふれあいセンター (山梨県・清里高原)

詳細はこちら

http://www.jeef.or.jp/kiyosato/index.html

 

以下を主催します。

 

◆ワークシヨップ

 持続可能な地域のための必要なしくみを考えよう ESDJ理事 吉澤卓、長岡素彦

 

◆プレゼン

  ESDと震災 ー自然との対話編 長岡素彦

 

◆早朝 ワークシヨップ

 ネイチャー・ドラマティクファシリテーションESD 長岡素彦

 

◆展示 

 震災でのこども・若者の力を活かしたESD・ESDコーディネーター 長岡素彦

    「持続可能な未来」へ

 

 

<実施概要>

3 日間共に過ごしながら、深く・広く・直接つながる場です。20 代~70 代

まで幅広く、またNPO、企業、行政、個人の多様な参加者が一堂に会します。

それぞれの環境教育活動を再確認でき、理念や意識を共有できる場です。

 

 

〓〓 SITE 更新情報 〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

 

スロータイムス★メールマガジン  

http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/

 

 

大切なことを伝えよう

 市民メディアslowtimes.net           

 http://slowtimes.net/

 

想いをカタチに 

 ソーシャルプロデュースネット       

 http://socialproduce.net/

 

こどもと地球の平和的未来をつくる教育

 ESD   

 http://esd.weblogs.jp/ 

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

スローレポート『S−Report』

●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

 

●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。

●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。

●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。

●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。

Slowtimes.net http://slowtimes.net

              fq@slowtimes.net

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)