20130619

使命感じ もがき歌

■被爆国から2013 歌手・俳優 吉川晃司さん(朝日)
... 【聞き手・後藤洋平】

父は広島で入市被爆しており、僕は被爆2世です。

 
広島県府中町で育ち、幼い頃から両親や親戚に原爆の話を聴かされ
た。8月の平和記念式典にも毎年参列していたので、子供なりに核
への嫌悪はありました。

歌手になって平和関連のコンサートに誘われるようになりました。

ただ、当時は「本当に平和のためなのか」と疑問も感じ、ほとんど
参加しませんでした。

 
意識が変わったのは、30代半ば。
原発事故や核汚染を題材にした黒沢明さんの映画「夢」を見たり、
忌野清志郎さんからチェルノブイリ原発の惨状の話を聞いたりして
からでしょうか。

3年前、府中町の母校の子供たちから依頼され、反核の思いを込め
た「あの夏を忘れない」という歌の制作に加わりました。

改めて広島に生まれた者の使命を考えるようになりました。

そして東日本大震災。被災地へ行き来していると、放射能禍の人災
でもあると強く感じるし、政(まつりごと)には幻想を抱けないと
思う。

原発事故直後の「直ちに人体に影響はない」という発表もしかり。

だれがどんな利害で動き、メディアがどんな立ち位置で伝えている
か。
自ら背景を知ろうとしないと、生き残れない時代になったと思
う。

 
原発問題の根底には、多くの差別や矛盾がある。
立地、使用済み核燃料の行き先、働く人々……。

事故は続いているのに、海外に原発を輸出する話まである。

広島、長崎、そして福島の経験をした唯一無二の国が厚顔無恥では
悲しい。

僕たちはいずれ、数十年後には死んじゃう。

このまま策を講じず、この星の未来を担う子供たちに負の遺産ばか
りを押しつけてリタイアしたら、「恥知らずな世代」との汚名は逃
れられない。

それは嫌だ。

 
せめて、もがかないと。エンターテイナーだからこそやれることが
あるなら、やろう。

そう自分の心が言うもんで、試行錯誤しつつ思いを込めて曲を作り
、歌っています。

     ◇

 きっかわ・こうじ 1965年生まれ。

84年、「モニカ」でデビュー。
俳優としても活躍する。4月に新アルバム「SAMURAI RO
CK」を発売し、コンサートツアー中。

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved