201305121

登米市の広報紙全国3位 被災者支援団体の特集高評価

 

宮城県登米市が発行する広報紙「広報とめ」2012年12月1日号が、自治体の優れた広報紙を審査する「2013年全国広報コンクール」の広報紙市部部門で全国3位となる2席を受賞した。東日本大震災の被災者支援に取り組んだ市内の女性グループの活動を紹介する特集を中心に、構成や文章表現が高い評価を得た。

 

 

同号は35ページ。巻頭の9ページで、市内の避難所などで11年3月から11カ月間、被災した女性らの支援に当たった市民グループ「えがおねっと」の活動を特集した。
 記事は代表者のインタビューを柱に、グループのメンバーや被災者、学識経験者らのコメントなどで構成。多角的に活動を取り上げた。
 取材や執筆を手掛けた市長公室室長補佐の遠藤亨さん(48)は「取材を通してメンバーの思いに心を打たれた。記録に残し、今後、災害が起きたときの道しるべにしたかった」と言う。
 審査で同号は「特集は証言として価値が高く、文章表現も感動的。他の紙面の至る所に地域に暮らす人々が登場し、ぬくもりを感じさせる」などと評価された。
 市長公室の神田雅春室長は「受賞は光栄。担当者全員の努力のたまもので、今後の励みになる」と話した。
 コンクールは12年中に発行した自治体の広報紙などを対象に、各都道府県の推薦作を審査し、8日に入賞作などを発表した。広報紙市部部門には63点の応募があった。

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved