20130307

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 スローレポート 『S−Report』 (3/7号)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

    ◆◆◆ 気仙沼市教育研究員研究発表会 ◆◆◆

 

2月15日、平成24年度気仙沼市教育研究員研究発表会が気仙沼市立新月中学校で行われた。

 

 

ここでも読めますhttp://www.slowtimes.net/2013/02/15/201302151/ 


「気仙沼市教育研究員のこれまでの研究内容を発表し、更なる研究の充実を図るとともに、今後の気仙沼市立学校における防災教育の具体的な推進の方策、課題等について探る。」

  この目的で気仙沼市教育委員会では各校の現場教員が研究員となって、今回の震災の被害をもとにした防災教育・ESD+防災計画を2年にわたり研究を策定した。 

 まず、気仙沼市教育委員会教育長白幡勝美氏のあいさつ、来賓の紹介の後に、今日の発表会の説明があった。 

 

 その後、共通研究主題『東日本大震災を踏まえた気仙沼市の防災計画・防災教育の改善』について、 防災計画研究チームが「気仙沼市の防災計画モデルプランの提案」、防災教育研究チームが「気仙沼市の防災学習プランの提案」を行った。


  発表I「気仙沼市の防災計画モデルプランの提案」では、防災計画研究チームから研究全体構想及び研究概要の説明が行われた。 

 研究全体構想説明として、教育委員会が気仙沼市立学校の防災教育に関して、震災後改めて防災計画・防災教育調査を行い、その結果から「気仙沼市の防災計画モデルプラン」、「気仙沼市の防災学習プラン」を気仙沼市教育研究員が研究・策定したことを述べた。

 それは、従来気仙沼市立学校で行われていたESDをもとに、こどもたちが発達段階に合わせた「自助」「共助」「公助」を身に付け、地域の伝承に学び、未来をつくることができるものであるという。 

 「気仙沼市の防災計画モデルプランの提案」では、災害対応マニュアルの構築、異校間の連携・ネットワーク組織づくり、避難所運営のあり方・連携の検討を行い、その具体策が述べられた。 

 

 発表II「気仙沼市の防災学習プランの提案」では、防災教育研究チームから研究概要の説明が行われた。 

  「気仙沼市の防災学習プランの提案」では、気仙沼市立学校の防災教育の実態から始まって、ESDの視点による防災教育、創造的復興教育の授業づくり、防災単元配列表、防災シート作成と、その授業実践が述べられた。

 

 「指導・講評」として京都大学大学院地球環境学堂国際環境防災マネジメント論分野准教授のショウ・ラジブ氏は防災の基本について語り、国連防災世界会議で定められた「災害に強い国・コミュニティの構築:兵庫行動枠組2005-2015」以降は防災に教育の視点が盛り込まれたことを述べた。

  また、この点において気仙沼防災教育の取組みを高く評価して、今まで行ってきた取組みのトップダウンとボトムアップのいいところをいかして、幅広い横のつながりをつくることが重要と語った。  そして、今回の研究・実践を「自助」「共助」「公助」に分け分析し、教育研究員それぞれにやり残したことなどを問い、今後の気仙沼市の防災計画モデルプラン」、「気仙沼市の防災学習プラン」を論議した。


「震災による心理的な影響とその後の心のケア」 として宮城県臨床心理士会スクールカウンセラー担当理事の高橋総子氏が被災したこどもたちの心理やそのケアについて述べた。 

 また、被災によって、こどもたちが肉親や友達がいなくなったことに対して生き残った後悔や喪失のストレスが大きいことを指摘し、適切なカウンセリングの必要性を説いた。

 一方、こどもたちの心の復元力・レジデンスを信じ、教員のケアの重要性を語り、専門家、教員による長期的な支援を訴えた。 


  パネルディスカッション「東日本大震災から2年:大震災を乗り越えるために学校は何をすべきか ~防災教育,復興教育,心理的な支援の視点から~」が行われた。

 パネリストとして京都大学大学院地球環境学堂准教授ショウ・ラジブ氏、宮城県臨床心理士会スクールカウンセラー担当理事高橋総子氏、気仙沼市教育委員会教育長白幡勝美氏を迎え、コーディネートを同教委の指導主事の及川幸彦氏が会場とともに論議した。 

 

 この気仙沼の試みは学校の防災計画と防災教育・ESDがリンクしており、ESDにもとづいた独自のオリジナルの50のワークシートを作成し、実際に学校実施して作成された。

 現場の声を反映し、更に研究を深めたもので、これは県や国でもできないレベルのものになった。 


◆◆◆             ご案内              ◆◆◆

 

   ESDと復興 ESD防災教育・復興教育プロジェクト公開研究会

 

 ESD学校研究会とメンバーは、東日本大震災発災後にささやかながら学校や教育への支援を行い、2012年度は「ESDと復興」のセッションを東北など各地で開催し、児童・生徒、父兄、教員、校務員、事務員、専門家、市民の方々から実態をお聞きしながら、「ESDと復興」を検討してきました。 それらの成果をもとに、また、被災地の教員と児童・生徒などがつくりあげてきた復興教育・防災教育の研究・実践に学び、ESD防災教育・復興教育の研究・実践を行うために、多くの方の力をお借りしてESD防災教育・復興教育プロジェクト公開研究会を行います。
  日 時  3月4日 14時の部 17時の部があります。
  場 所  東京ウィメンズプラザ 広場・交流コーナー(予定) 
  主 催  ESD学校研究会
  内 容  
  1.平成23年度 気仙沼市教育研究員実践報告   授業実践を通した防災教育の推進~ ESD の視点を活かした防災教育の授業づくり~   参加者で論議   資料 平成23年度 気仙沼市教育研究員実践報告 気仙沼市教育研究員 気仙沼教育委員会  https://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/images/6-2.pdf
  2.各人の教育支援、卒論や体験の報告、「ESDと復興」報告  資料  ESDを学校教育で進めるために  http://www.p-esd.go.jp/design/pdf/pamphlet.pdf

  3.平成24年度 気仙沼市教育研究員実践報告   平成24年度気仙沼市教育研究員研究発表会の報告    防災計画研究チーム「気仙沼市の防災計画モデルプランの提案」    防災教育研究チーム「気仙沼市の防災学習プランの提案」
  4.ESD防災教育   参加者で論議
  「ESDと復興」のこれまで
  1.「ESDと復興 宮城」  2.「ESDと復興 岩手/ユースフォーラム岩手大学」  3.「ESDと復興 岩手 災害と学校教育」山田町・大槌町   4.「ESDと復興 栃木」   5.ESDワークショップ「震災・復興と居住」in 宇都宮大学   
  今後
  ESDと復興 ESD防災教育プロジェクト公開研究会  復興のフュチャーセッション  地域防災・防災教育の地域円卓会議  ESD(持続可能な開発のための教育)フォーラムI  名古屋
  2012年度ESD学校研究会のESD授業デザインプロジェクト
  ESD(持続可能な開発のための教育)フォーラムI  地域と教育 ともに支えあう学校コミュニティのちから  ESD(持続可能な開発のための教育)フォーラムII 地域と教育 学校におけるソーシャルワークを考える
〓〓 SITE 更新情報 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
スロータイムス★メールマガジン  http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/

大切なことを伝えよう 市民メディアslowtimes.net            http://slowtimes.net/
想いをカタチに  ソーシャルプロデュースネット        http://socialproduce.net/
こどもと地球の平和的未来をつくる教育 ESD    http://esd.weblogs.jp/ 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
スローレポート『S−Report』●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。
●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。Slowtimes.net http://slowtimes.net              fq@slowtimes.net

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)