20120701

大飯原発3号機 「臨界」へ

NHK

 

1日夜、およそ1年3か月ぶりに原子炉が起動した、福井県にある関西電力大飯原子力発電所3号機は、作業が予定どおり進めば、2日午前6時ごろに核分裂が連続して起こる「臨界」に達する見通しです。
国内で長期間止まった原子炉を動かすのは、去年3月の東京電力福島第一原発の事故のあと初めてです。

大飯原発3号機では、1日午後9時に牧野経済産業副大臣や地元おおい町の時岡忍町長の立ち会いのもと、運転員が原子炉の制御棒を引き抜くためのレバーを操作し、およそ1年3か月ぶりに原子炉を起動させました。
国内の原発は、5月から50基すべてが運転を止めていますが、長期間止まった原子炉を動かすのは、去年3月の福島第一原発の事故のあと初めてです。
関西電力によりますと、3号機では引き続き制御棒を引き抜く作業が進められていて、今のところ、原子炉の状態を示すデータに問題はないということです。
そして、作業が予定どおり進めば、2日午前6時ごろに核分裂が連続して起こる「臨界」に達する見通しです。
一方、大飯原発のゲートの近くでは運転再開に反対するグループなどが集まって2日未明まで原発に通じる道を封鎖し、抗議行動を行いました。
大飯原発3号機は、臨界に達したあと、発電用タービンの調整に問題がなければ、4日、発電を開始して8日にはフル稼働になる見通しです。
国や福井県は、引き続き現地に担当者を常駐させ特別な監視体制のもと、原子炉の状況を確認することにしています。

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120702/t10013252811000.html

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)