20120621

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 スローレポート 『S−Report』 (6/21号)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 ◆◆◆  NPOのお金の困りゴトを知る  ◆◆◆
      ──NPO等実態調査から

     第48回埼玉地域ファンド研究会 

 

 5月16日、埼玉地域ファンド研究会の第48回「NPOのお金の困りゴトを知る──NPO等実態調査から」がさいまた市の浦和コミュニティセンターで開かれた。

 以下、WEBでも同じ内容を読めます。
   http://www.slowtimes.net/2012/06/16/20120516/

 同研究会は、まちづくりや地域福祉などにファンドを生かすことを考える人々で構成する。「都市づくりNPOさいたま」「さいたま地域通貨フォーラム」「市民活動情報センター・ハンズオン!埼玉」のメンバーを中心に、NPO・企業・社協・行政など多様な立場のメンバーと共に多様な切り口でファンドや助成制度やCSR(Corporate Social Responsibility 「企業の社会的責任」)に関する検討を進めている。
  
「NPOはお金がない」ってよく聴くけど、それってホント?
 埼玉県は昨年度「NPO等実態調査」を行ない、団体の抱えている課題や寄附の状況などを調査。さいたまNPOセンターはヒアリング調査と全体のまとめを担当しました。
 協働への期待や本当に必要な助成金の在り方など、調査結果から見えてきたNPOの資金調達やNPOの事情について、みんなで知り、みんなで考えます。

「NPO等実態調査」を行った 「彩の国NPO・大学ネットワーク」 の埼玉県NPO等実態調査チームNPO法人さいたまNPOセンター事務局次長の生越康治氏が調査からみえてきたことについて述べた。

  この調査は「埼玉県 NPO活動推進課(同ネットワーク事務局)、埼玉大学社会調査研究センター(同ネットワーク幹事団体)、さいたまNPOセンター(同ネットワーク幹事団体)の三者が共同で当たった。
 今回のNPO実態調査に際しては、量的及び質的の 2 種類の調査を実施した。

 第 1 の量的調査(以下、アンケート調査)は、個々のNPOの実態と認識、具体的には組織の 有り様、活動の実績、協働の実績等を、量的に把握することを目的としたものである。
 第 2 の質的調査(以下、ヒアリング調査)は、われわれ調査チームからのヒアリングの申し出 に応じてくれた団体に対して、調査員が訪問しインタビュー方式で意見聴取を実施するという方法を採用した。」(同調査)

 今回は、この調査のうち、主にNPOの資金、協働、人材についての報告が行われた。
 まず、NPOの困難事項として特定の個人に仕事が集中しがちであると、資金の不足が上位を占めた。
 また、協働実績が減少していると同時に、協働を行ったことがないNPOの増加も顕著となった。
 NPO自身の自己定義としてのNPOのタイプは「「ボランティア型」が 41%の 337 団体、「事業型」が 39%の 321 団体で、合計で全体の 8 割を占めている。士業型、ネットワーク型は、それぞれ 5%、3%と極めて低い比率となっている。
 そして、資金については「活動に対する資金援助(補助金・助成金)」を希望しているNPOが65%となった。
 
 従来の調査と比較すると、行政との協働を行ったことのある団体が大幅に減少しているが、回答したNPOが従来と異なっていることがあり、そのまま大幅減少とは言えない。
 論議の中では「少額でも継続的な助成制度の設置」、「一定の割合や上限を設けて人件費など一般管理費の計上を認める」、「審査基準に「先駆性」ばかりを求めないでほしい」などの意見が交わされた。
 
 ここで留意しなくてはならないのは、NPOだからではなく、NPOの「ボランティア型」、「事業型」などのタイプによって、その考え、活動やニーズが変わる時代に入ったことである。

 この調査報告書は埼玉県やさいたまNPOセンターのホームページからPDF形式でダウンロードできる。

 平成23年度 埼玉県NPO等実態調査報告書
http://www.saitamaken-npo.net/html/H23npotoujittaityousa.pdf


◆◆◆             ご案内              ◆◆◆


埼玉地域ファンド研究会

今月は講師を招いての学習会ではなく、今後作成予定の「埼玉版助成金ガイドブック(パブリックリソースブック)仮称」の作成に向け、作戦会議を実施したいと思います。

4月の東ボラの熊谷さんのお話や、5月のさいたまNPOセンターの生越さんのお話を受けて、
さあ、どういった、社会資源を調査し掲載していくのか。
またそれの内容にそった今後の学習会の計画などについて話し合いたいと考えています。

 ☆こんな情報を調べたい。
 ☆こんな助成団体を知っている。話を聞きたい。

など、参加したみなさんと一緒に研究会を進めていきたいと考えています。
どなたでも参加いただけますので、ぜひお気軽にご参加ください。

【日程】2012年6月20日(水)19:00~

【会場】さいたま市市民活動サポートセンター・南ラウンジ(浦和駅東口パルコ9階)

【内容】パブリックリソースブック(埼玉版助成ガイドブック)の作成に向けた意見交換会。


〓〓 SITE 更新情報 〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

スロータイムス★メールマガジン  
http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/


大切なことを伝えよう
 市民メディアslowtimes.net           
 http://slowtimes.net/

想いをカタチに 
 ソーシャルプロデュースネット       
 http://socialproduce.net/

こどもと地球の平和的未来をつくる教育
 ESD   
 http://esd.weblogs.jp/


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スローレポート『S−Report』
●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。
●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。
●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。
●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。
Slowtimes.net http://slowtimes.net
              fq@slowtimes.net

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)