20120530

関係性の教育学会第10回(2012)年次大会

日 時:2012年6月3日(日)午前11時より午後4時30分(受付開始10時)

場 所:大東文化会館(401)

参加費:無料

内 容:

1)参加者による発表
午前11時より、10分づつの発表をおこないます。

2)全体セッション
午後2時より全体会として、参加者による発表にもとづいて、論議し、よりよい社会を目指す教育のあり方について探求し、深化をはかります。

発表

 

1.「大学1年生が学び直す「会話」としての文章表現」 出水 純二(尚美学園大学/非常勤)
2.「「絵本」における「癒し効果」に関する考察」 山西 敏博(大阪大学大学院)
3.「読解ストラテジーを促すためのタスクを取り入れた読解支援案」 山本 亜希子(信州大学大学院教育学研究科)
4「日本語を母語としない生徒に対する教育法」 王 力、佐藤 大紀(大東文化大学大学院英文学専攻)
5.「「教師 笹田 巌」にこめられたこと̶授けないことで自立的、創造的思考を育む英語教育=ク リティカルシンキングの実践」 萱森 優・和田 さつき
5.「高等学校に於けるソーシャルワークを考える」 渡辺 岳
6.「東日本大震災後のESDー選択的人間関係から共生的社会関係へ」 長岡 素彦(持続可能な開発ための教育の10年さいたま
7.「地域共創・NPOインターンシップにおける多世代共学・異世代協働ー地域に参画する学びから 地域を共に創る学びへ」 長岡 素彦(ソーシャルプロデュースネット)
8.「持続可能な地域と社会をみすえた学びのあり方」 松田 剛史(北海道大学大学院文学研究科)
9.「大学生が考える緑地保全活動の参加促進に関する方策」 高瀬 唯、古谷 勝則(千葉大学園芸学研究科)

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)