20120331

                      AKBが教科書に!音楽だけでなく英語も

                                    尾崎豊が倫理教科書に

 文科省初等中等教育局教科書課によると、AKB48が登場するのは英語と音楽の教科書。

 英語はコミュニケーション英語I「ENGLISH NOW I」(開隆堂出版)の49ページ。外国人から注目される日本の若者文化「Kawaii(カワイイ)」を紹介する中で、フランス公演の際の写真が掲載された。

 音楽では音楽I「音楽I Tutti」(教育出版)の133ページ、「日本のポピュラー音楽」で登場。演歌やグループサウンズ、フォーク、アイドル・歌謡、ニューミュージックなど各ジャンルが紹介され、AKB48は故美空ひばりさんや松任谷由実(58)、サザンオールスターズなど大物アーティストとともに掲載。J-POPの代表として紹介されている。

 AKB48以外では国語で、桜を題材にした新旧の教科書の読み比べとして、小野小町や与謝野晶子の歌と、人気男性デュオ「コブクロ」の楽曲「桜」の歌詞が登場。英語では全盲の天才ピアニスト、辻井伸行さん(23)の生い立ちが取り上げられた。
http://www.sanspo.com/geino/news/20120328/akb12032805060004-n2.html

 

尾崎豊が倫理教科書に

教育出版が発行する高校の倫理教科書に、「僕が僕であるために」「永遠の胸」などの歌詞の一節とともに、尾崎はそう紹介されている。

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.asahi.com%2Fkomimi%2FTKY200704190202.html&h=_AQEsjiDJAQGGj7hx7-roP7akvobri902cvqpIoiREgltIQ

 

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)