20111109

楽天、カナダの電子書籍事業者 Kobo を買収

 

 

楽天がカナダの電子書籍事業者 Kobo の買収方針を発表しました。楽天が Kobo の全株式を買い取り、完全子会社とする計画です。買収額は3億1500万ドル、日本円で約236億円。手続きはカナダ政府の承認を待ち、2012年第1四半期にまとまる見込み。
Kobo は日本ではあまり有名とは言いがたい企業ですが、おひざもとのカナダをはじめ、米国や欧州など、100か国以上で電子書籍事業を展開しています。自社製端末としてタッチフレンドリーな Kobo eReader Touch Edition や、ソーシャル機能を重視したカラータブレット Kobo Vox などを販売中。あわせて iOS や Android など他のプラットフォーム向けにも電子書籍アプリも通じてコンテンツを提供しています。そういえばアップルの外部ストア規制強化のあおりを受けるというニュースもありました。
一方、以前から電子コンテンツを販売していた楽天は、先日あらためて電子書籍ストア Raboo を立ち上げたばかり。パナソニックや紀伊国屋、ソニーと連携のもと、共通プラットフォームの実現を目指しています。Kobo の買収により、楽天は海外向けコンテンツ、そして Kobo が提携する書店や小売店といった各国での販売チャンネルを一気に確保することに。電子書籍に限らず、楽天の海外事業拡大に向けた足がかりとして期待がかかります。
もちろん Kobo eReader や Kobo アプリの日本語版投入といった展開も期待したいところ。国内各社の腰が重いなか、楽天が今になってこれほど電子書籍に力を入れるのは驚きですが、思えば電子書籍分野の世界ナンバーワン企業もECサイトが本業なわけで、ある意味ではぴったりなのかもしれません。

 

楽天、カナダの電子書籍事業者 Kobo を買収 -- Engadget Japanese

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)