20111101

電子出版を巡る出版社の立場(お金編)

 

つうか、Amazon kindle上陸の話な。電子出版で、Amazonの取り分が55%もあるので論外だとかなんとか。最初に書いとくと、その取り分は絶妙に妥当だ。
匿名としてリークさせてる記事があったり、何でそんなことになってるか、なんで出版社はそれが正しいと思ってるか、(あくまでも友人が出版社につとめていてその話を聞いた中から)説明しようと思う。迷惑かからない範囲でぼかすし、全ての出版社がそうではないし、危機感を持ってる若手は多いというのも念頭においといて欲しい。


まず、出版の経路から。7割を占めるのが一般書店だ。(残りはコンビニとかね)作者→出版社→取次→書店→読者
それぞれの役割を簡単に振り返っておこう。作者:本を書く人。大抵、原稿を書く人。出版社:原稿の催促、編集、出版、広告、売り込みと諸々取次:大量の出版社と大量の本屋を繋ぐ人。書店:本屋。売る人。読者:読む人。最終的にお金を出す人。出版と取り次ぎだけ補足しておこう。出版社は、紙に印刷するダケじゃなくて、編集して校正して割付して校了してと、色々調整してくれたり売り込んでくれたりと本当に色々やってる。なので高給取り。取次が何であるかというと、出版大手5社で3割を占めるとは言っても、細々した出版社が数千社ある。数万ある本屋といちいちやりとりしてらんないので間に挟む。
で、Amazonの55%ってのが一人歩きしても変なので、まず今までの金の取り分を見ておこう。作者:10%出版社:60%取次:8%書店:22%さ、コレを見てAppleの30%が取りすぎだ!とか言ってた人は少し考えてみよう。書店や出版社の人がパーセンテージに関してあまり触れないのは、当然この割合が念頭にあるからだ。小売りや飲食店など、商売をした人ならわかる通り、経路が存在すれば当然その人たちに払うお金がある。本屋は当然ボランティアじゃない。売ったらお金をもらえるからやっとるわけだ。
1500円の本を売れば、330円が本屋の儲けになるわけだ。取次は120円、著者は150円、出版社が900円。(実際には金融と揶揄されるぐらいややこしくて酷い事になってるけど、まずは割合で)
よく、取次だとか印刷をすっとばせるから電子書籍は安くできるはずだ!と言われている。出版社の6割の取り分のうち、紙への印刷が大部分を占めてれば確かにそうだ。でもそうじゃないことが多い。また取次も8%なので、そんなに減らない。具体的に1500円の本で考えてみよう。まず、著者の150円(10%)は減らさない。別に電子だろうが紙だろうが著者の取り分には関係ないからだ。次は、取次の120円(8%)は減らせる。居ないから。で、本屋330円(22%)を、まあ在庫も抱えないし10%(150円)ぐらいにしてみよう。最後に、出版社900円(60%)。これを1割引きの50%(750円)としよう。合計は、150+150+750=1050円だ。これぐらいが、おそらく既存の出版社が考える限界ラインだ。どうだろう、安いだろうか?高いだろうか?
ただ(出版社は最後まで印刷にかかる経費の割合を出さないだろうけども)印刷諸経費は20%〜30%ってとこだろう。電子出版なら、出版社の取り分は、さらに削ろうと思ったら削れる。割付を無視したり、印刷製本営業を削れるからだ。
さて、黒船Amazonを振り返ってみよう。紙の本より安く売る、55%が取り分だ、かなり豪快に見える。出版社の取り分が45%になるわけだ。(希望小売価格から55%を引いた額となっているのは、Amazonが100円セールで売って45円払うわけじゃないよ、と言ってるのだろう)
ここで、日本で受け入れられるであろう電子書籍の希望小売価格を考えてみよう。紙の新書1500円を電子版1000円で売るのなら、まあ納得してもらえるだろう。1000円なら、Amazonが550円(55%)、出版社が450円(45%)となる。ただし、出版社は著者に印税を払うから、450-150=300円(30%)の取り分になる。ここで「あれ?印刷費は2〜3割を占めてたんだから妥当じゃない?」と思ってはいけない。元々1500円の本だったハズなのだ。つまり、900円(1500円の60%)のうち、印刷製本が半分を占めていたとしても450円(1500円の30%)が出版社の取り分だった。これが、300円(1000円の30%、1500円なら20%!)になってしまう。出版社は、努力しなければ達成できない数字だ。
まとめよう。Amazonは、取次8%+書店22%+印刷25%=55%を寄越せと言ってきている。これはまあまあ妥当な金額だ。(判型を合わせる手間で5%ってのもまあ妥当)問題は、電子書籍は安いはずだという圧力から「希望小売価格」を下げざるを得ないことだ。すると、割合は妥当でも、金額で一冊あたりの儲けが減る。これが難しい。しかし、自分の出版社だけがkindleから出ないのは怖い。だから、牽制し合う。(これに小売りである書店との関係だとか、自前の電子書店だとかが絡むと、とてもややこしい)正直、弱小の出版社だったら飛びついてもおかしくない。在庫抱えなくて良いし、電子化もやってくれるってんだから。
流石にアマゾン、日本の出版社が飲めなくもないギリギリの金額で攻めてきている。出版社はイヤなので、55%だとか60%がすごく大きい金額だと思って欲しい。さらに、電子書籍だからって安くならないよ、とアピールしたい。それが今Amazon Kindleを巡る出版社の立ち位置になる。

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)