20111002

「東日本大震災 情報行動調査報告書」を公刊


岩手・宮城・福島3県の被災者3000名が回答した、初の本格的な情報行動調査

 

「東日本大震災 情報行動調査報告書」を公刊岩手・宮城・福島3県の被災者3000名が回答した、初の本格的な情報行動調査
 東日本大震災による災害からの迅速な復興とそれへの支援・貢献を目指す非営利団体「情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)」は、岩手県・宮城県・福島県の被災地の住民を対象に、地震発生直後から3カ月後までの情報行動について大規模かつ本格的な調査を実施し、その結果と提言などをまとめた『東日本大震災情報行動調査報告書』を、本日発表しました。また同時に、被災地のNPOや自治体などへの無償提供と、一般および学術・研究機関への販売を開始しました。
 本調査報告書は、岩手・宮城・福島3県の被災地の住民を対象に、インターネットを利用したアンケート調査と、調査員による個別面談調査の2種類の調査結果に基づき、まとめられています。アンケート調査は7月初旬~中旬に実施され、有効回答数2815件。面談調査は7月初旬~末に実施され、有効回答数186件でした。アンケート調査と面談調査による有効回答の合計は3001件で、岩手・宮城・福島3県の183市町村の住民から回答を得ています。
 調査では主として、被災地の住民が、地震発生直後、1週間程度、1カ月程度、3カ月程度の4つの時点で、どのような情報を必要とし、それをどの機器やツールを使って入手・発信・活用したか、あるいは利用できなかったか、などを尋ねています。
本調査報告書は、被災地の住民を、岩手・宮城・福島各県の内陸部・沿岸部の6つの地域に区分し、各地域の4つの時点での情報行動を捉え、その時系列変化や地域による異同を明らかにして、被災時の情報行動を総合的に分析したものです。さらに、この分析に基づき、災害時の情報の有効な利用法や、今後の施策・政策・サービスへ向けた提言をまとめています。 東北3県の被災地の住民を対象とした情報行動調査報告書しては、その範囲・内容・規模において、わが国初の本格的な刊行物となります。
 面談調査では、東北のICT関係者が調査員となり、被災現場へ赴いて被災者と面会し、調査を行っています。多様な自由回答を含めて、インターネットによるアンケート調査の定量性を補完する、定性的な調査結果を得ることができました。面談調査の回答者は、重度の被害を受けた方が多く、さらに、携帯電話やパソコンなどのITリテラシーが高くない方も数多く含まれています。東北のICT関係者によるヒアリング調査では、被災体験や被災者の真情を語る多彩な言葉が多数含まれ、災害時の状況や被害の実態、および情報行動を深く知ることのできる内容が得られています。

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)