20110927

<緊急地震速報>受信機を全国の学校に整備 文科省方針

 

  中川正春文部科学相は27日の閣議後会見で、地震発生直後に強い揺れが来ることを知らせる「緊急地震速報」を受信できる装置を全国の学校に整備する方針を明らかにした。国公私立の小中高校など約5万2000校を対象に3年程度かけて整備を進め、来年度予算案の概算要求に初年度分経費として約75億円を盛り込む。
 緊急地震速報は、強い揺れが来る数秒から数十秒前に身を守る行動をとれるメリットがある。東日本大震災では、緊急地震速報を活用した避難訓練を実施していた小学校で、児童が落ち着いて避難できたケースがあった。
 このため、学校の防災教育などを見直す文科省の有識者会議は今月まとめた中間提言で「揺れが起こる前に避難経路を確保したり、落下物や転倒物などの危険から回避できる点で非常に有効」と評価、速やかな全国整備と活用策を提言している。

 

【毎日新聞 木村健二】

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)