20110513

僕らの村なので、人にされるより、僕らが取り戻したい

 

TOKIO「DASH村愛」浪江町民招く

 

 TOKIOが11日、原発問題に揺れる福島県浪江町民の約700人を招待し、全国ツアー東京公演を日本武道館で行った。 

 レギュラー出演する日本テレビ系「ザ! 鉄腕! DASH!!」の人気コーナー、農作業や動物を飼育するDASH村は同町にある。同町は福島第1原発から半径20~30キロ圏内の計画的避難区域に指定された。その状況下、TOKIOは前日10日の武道館公演に、関東圏に避難している福島県民の被災者300人を招待。この日招待の700人は福島県内からバス十数台を連ねて会場入りした。 

 東日本大震災後、一部メンバーは同番組のロケで福島県を訪れている。山口達也(39)は言葉に力を込めた。「安全確認後ですが、(汚染された)土壌改良だって、必要なら僕らがやればいいこと。政府がやるよりも僕らがやった方が、メッセージになる。僕らの村なので、人にされるより、僕らが取り戻したい」。 

 3月末に武道館公演を予定していたが、震災で延期。開催を待ちわびていたファンのために武道館限定の演出を用意した。代表曲「宙船」の冒頭部分。冒頭を混声合唱団50人がアカペラで合唱した。 

 松岡昌宏(34)は「声だけにするとメッセージ性が強くなる。浪江町には間接的に世話になっているし、応援しないと」。大震災からこの日でちょうど2カ月。山口は「現場、人にそれぞれ合った支援を続けていくことが大事です」。“DASH村愛”から生まれた避難者への支援。本業の音楽で傷ついた人々を癒やした。【近藤由美子】

 

TOKIO「DASH村愛」浪江町民招く - 音楽ニュース : nikkansports.com

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)