20110217

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 スローレポート 『S−Report』 (2/17号)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

  ◆◆◆  +ESDプロジェクト  ◆◆◆

 

 2月14日、環境省が「国連持続可能な開発のための教育の10年(ESDの10年)」の国内での取組を更に発展させるためESD・国連持続可能な開発のための教育の活動の見える化・つながる化を図る「+ESDプロジェクト」を始めた。

 


 "ESD”とは、持続可能な開発のための教育のことで、2002年のヨハネスブルグ・サミットにおいて日本の市民と政府が提唱し、日本でも政府によるESD国内行動計画が策定され、推進されている。     この「+ESDプロジェクト」は、各地域において実践されているESD、及び、関連するの活動を登録し、データベース化し、ウェブで発信し、ESD活動や活動支援事業などをデータベースより分野別、地域別等に検索・閲覧することができるようになった。
  現在、約50の活動等が先行登録されており、「持続可能な開発のための教育の10年さいたま」も登録されている。
  「持続可能な開発のための教育の10年さいたま」  http://www.p-esd.go.jp/search_active_detail.html

  今後、関係省庁・関係団体による「+ESDプロジェクト普及委員会」を組織し、連携・協力しながら推進して、「本プロジェクトによってESD活動の「見える化」「つながる化」を図り、全国の活動を盛り上げ、2014年に我が国で開催されるESDの10年最終年会合においてその成果を世界に発信」するとのこと。  また、このESDプロジェクトのためのキックオフ・シンポジウムを3月1日(火)に開催します。 
<+ESDプロジェクトHP>http://www.p-esd.go.jp/


◆◆◆             ご案内              ◆◆◆

「地球と地域の未来をつくる +ESDプロジェクト・キックオフシンポジウム」について(1)開催概要日時:平成23年3月1日(火) 14:30~17:00場所:独立行政法人 国際協力機構JICA研究所 2F国際会議場(http://jica-ri.jica.go.jp/ja/about/access.html)主催:環境省、+ESDプロジェクト普及委員会参加費:無料定員:110名(先着順)プログラム(予定)14:30-14:35開会挨拶14:35-15:20各団体からのESD活動報告報告1:都市と農山漁村の共生をテーマとする活動より(オーライ!ニッポン大賞受賞事例)報告2:学生が取り組む環境活動より(ecocon(全国大学生環境活動コンテスト)受賞事例)報告3:ユネスコスクールの活動より(ユネスコスクール活動事例)15:20-15:30休憩15:30-15:40+ESDプロジェクトの紹介15:40-16:50パネルディスカッション<コーディネーター>すぎ本 育生 氏(特定非営利活動法人 環境市民代表理事)<パネリスト>上記活動報告1~3登壇者から3名16:50-17:00閉会挨拶(2)参加申込方法 参加を希望される方は、2月25日(金)までに、氏名、御所属(会社名等)、連絡先(電話番号、Eメールアドレス等)を記載の上、下記連絡先まで、Eメール又はFAXにてお申し込みください。その際、メールの件名には、必ず「+ESDプロジェクト・キックオフシンポジウム参加申し込み」と記載してください。 申し込み先:(Eメール)apply@p-esd.go.jp (FAX)03-6277-7554
(3)お問い合わせ先+ESDプロジェクト事務局認定特定非営利活動法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)担当:佐々木・鈴木・長澤連絡先:(TEL)03-3797-7227 (FAX)03-6277-7554(Eメール)apply@p-esd.go.jp
■国土交通省主催テレワーク出前セミナー「テレワークセンターの将来像とSOHO支援」
[日時]2011年2月18日(金)15〜17時[場所]志木サテライトオフィス・とくとく市民大学レクチャールーム   東武東上線柳瀬川駅前・サミットストアの4階   http://tokutoku.tojocity.org/access.html
[内容]テレワークとは一体どんな働き方なのか。企業に就職することが難しい時代、パソコンを使って自営業者として生計を立てること(SOHO)は可能なのか。20年の歴史をもつ地域型テレワークセンターの場で、あなたの可能性が広がる話をわかりやすくお話しします。
[講師]飯野正樹(国土交通省 都市・地域整備局 都市・地域政策課     広域都市圏整備室 テレワーク推進係長)  「国土交通省のテレワーク推進について」
柴田郁夫(株式会社志木サテライトオフィス・ビジネスセンター     代表取締役社長、社団法人日本テレワーク協会客員研究員)  「テレワークセンターの将来像とSOHO(自営型テレワーカー)支援」
[対象者]パソコンやインターネットを活用して在宅や地域のなかでお仕事をお考えの方すべて。(求職中の方、企業OBの方、主婦、自営業者、SOHO、若年層の方、学生の方など、どなたでも。)
[お申込み]ご出席の方は、shibata@telework.to(柴田)までメールをください。よろしくお願い致します。



〓〓 SITE 更新情報 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
スロータイムス★メールマガジン  http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/

大切なことを伝えよう 市民メディアslowtimes.net            http://slowtimes.net/
想いをカタチに  ソーシャルプロデュースネット        http://socialproduce.net/
こどもと地球の平和的未来をつくる教育 ESD    http://esd.weblogs.jp/ 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
スローレポート『S−Report』●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。
●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。Slowtimes.net http://slowtimes.net              fq@slowtimes.net

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)