20110115

 

 

 

 

 

  地域力をたがやす

 

 

 

 

ささえあいの居場所づくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月15日に愛知県の半田市市民交流センターで「地域力をたがやすフォーラム」(主催:NPO法人地域福祉サポートちた 共催:半田市) が行われた。

 

 

 第1部では、主催者、共催者の挨拶に続き、事業協力者の愛知県より協働ロードマップの説明と愛知県の受託事業として実施した「要介護状態にない高齢者のための地域の交流の場づくり」に関する説明が会った。

 

 基調講演 「2025 年 どうなる? どうする?」 荒川英雄氏(厚生労働省 社会・援護局地域福祉課課長補佐)が今後の政策や地域支え合い事業などについて述べた。

 第2部のトークセッション「地域力をたがやす~ささえあいの居場所づくり~」では、原田正樹氏(日本福祉大学社会福祉学部) のコーディネートにより、 村上眞喜子氏(NPO法人りんりん代表) がNPOによる居場所づくり、後藤章次 氏(半田市岩滑区長)が地縁団体の居場所の取組み、前山憲一氏(半田市社会福祉協議会 福祉支援課長)が、社会福祉協議会の取組み、守口晶三氏(阿久比町社会福祉協議会 福祉専門員)が社会福祉協議会の居場所づくりの取組み、近藤真一氏(大府市協働促進課 係長)は自治体の居場所づくりの取組み、松下典子氏(NPO法人地域福祉サポートちた理事)は知多の居場所づくりについて語った。

 

 

 また、意見交換会では、社協との連携、資金(ファンド)、地縁再生、居場所の可能性、地域のコーディネーターなどのテーマでグループに分かれ、トークセッションの内容等について意見交換を行い、その後、全体共有を行った。

 

 知多地域では高齢者の居場所やサロンの取組が活発で、地域が抱 えるさまざまな問題に対応し、地域貢献活動を行っていく際の拠点となる「ささえあいの居場所」をつくっている。このフォーラムはこの居場所を知多地域にさらに拡充し、今後の知多半島の地域力をさらにたがやし、こられを住民とNPO、行政、社協で推進するために知恵を出し合うためにのフォーラムであった。

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)