20100701

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
       スローレポート 『S−Report』 (7/1号)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

    ◆◆◆    「iPad」だけではない     ◆◆◆

 

 6月24日、iOS4を搭載したiPhone4が国内で発売された。

 その前日の23日にはiPod touch用のiOS4がアップロードされた。

 

 

 iOS4とはiPhone、iPod touch用に共通のOSでマルチタスクを実現し、多様な機能を備えている。  iOS4にしたiPod touchを使ってみたが、マルチタスクを含めて快適で使いやすい。
 iPadの現在のOSは、まだ、マルチタスクを実現していたないが、iPadの次世代機ではこれ以上の機能が実装される。
 ただ、現在のiPadにはメモリなどのハードのキャパシティ不足があり、まだ、iPadが目指しているものにはなっていない。   6月22日にマクロミルが発表したiPadの調査によると、iPadの用途(複数回答)は「Webサイトの閲覧」が88%、「電子書籍」が74%、メールが65%、「動画を見る」(59%)、「ゲームをする」(51%)、「Twitter」は34.3%となっている。  マクロミル

 http://www.macromill.com/r_data/20100622ipad/index.html

 

 これはiPadが目指している用途ではないし、この用途なら画面のサイズを別にすればiPhone、iPod touchでも充分である。
 この点も含めて、伊藤浩一氏はiPadについてこう書いている。

 

 「まずはiPhoneを体験して、iOSの魅力を十分理解した上でiPadを使えば、iPadの魅力を感じることができます。万一、iPhoneを仮に使いこなせなくても、iPhoneは、最低限、電話や音楽プレーヤーとして利用できますし(笑)。一方、iPadを使いこなせない場合は悲惨です。ただの邪魔な板になってしまいます。」

 

伊藤浩一「モバイルライフ応援日記」  http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20100624/1025755/?set=rss  

 

 さて、5月21日にGoogleはテレビ向けのプラットフォーム「Google TV」を発表した。 

 「Google TV」はAndroidをOSとして、Google Chromeブラウザーが動作する新しいインターネットテレビで、テレビであり、インターネット端末でもあり、テレピとネットが融合する世界に対応するものである。 

 「Google TV」は、テレビが視聴でき、テレビ番組表とインターネットの動画やサイトを見ることができて、iPhone、iPad、iPodと同じようなアプリ、Androidアプリやコンテンツを検索、視聴、取得できる。 

  「Google TV」プラットフォームを採用した世界初のインターネットテレビ(テレビ兼インターネット端末)はソニーから「Sony Internet TV」として今秋にも米国で発売される予定である。 

 

  カンファレンス「Google I/O」での「Google TV」のプレゼンが下記から見れる。  

   http://www.youtube.com/watch?v=diTpeYoqAhc&feature=player_embedded 


 ケイタイにスマートフォン・iPhoneが与えた変化と同じく「Google TV」「AppleTV」もテレビに変化を起こす。

 

 今月来日したbrightcoveのCEOジェレミー・アレアー(Jeremy Allaire)氏がこの点についてインタビューにこう答えている。

 

「GoogleTVは非常に魅力的なやり方だと思う。モバイル機器上でAndroidが持つオープンなアーキテクチャーをテレビの領域にまで伸ばしたものだ。

 AppleTVに関してはスティーブ・ジョブズは『まだ趣味のレベル』と言っているが、iPhone、iPad同様のアーキテクチャーを、テレビの領域にまで拡大するのは間違いないだろう。クラウドベースのiTunesからテレビにコンテンツをダウンロードするようになるのだと思う。

 そしてiPhoneやiPadがテレビのリモコンのような入力デバイスになるのだろう。多分年内、それか来年にはAppleはそうした製品を出してくると思う。」


 「Apple対Googleはまもなくテレビにも拡大」 http://techwave.jp/archives/51470558.html

 

  Appleの戦略にのせられてiPadが強調されるが、iPadだけではない大きな変化が起きている。 

◆◆◆             ご案内              ◆◆◆

 「子ども・暮らし・環境」フォーラム 〜人の成育環境としての自然〜ご案内


このたび、環境や体験と教育を研究対象とした4つの学会が連携し、それぞれの実践・研究領域の事例発表と、クロスディスカッションによる「子ども・暮らし・環境」フォーラムを開催します。それぞれの会に所属する研究者の交流を進めるとともに、重なり合う分野で議論を共有、新たな視点の開拓を目指すものです。子どもたちの自然にかかわる機会が減ることで、成育上の問題も指摘されます。人の成長の過程で、自然とのかかわりはどのような役割を果たすのか、それが不足・欠乏することでどんな影響があるか、社会で、生活の中で、野外の活動で、教育の場で、自然を通して学ぶことはいかなるものか、それぞれの視点から、議論を深めたいと思います。


主 催 : こども環境学会、日本環境教育学会、日本生活体験学習学会、日本野外教育学会

 

日 時 : 2010年7月3日(土) 13:30〜18:00 (16:45〜18:00は交流会)

 

会 場 : 立教大学池袋キャンパス・太刀川記念館        東京都豊島区西池袋3-34-1 

      池袋西口より徒歩10分、学院北門より徒歩1分        http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

 

対 象 : 該当学会の会員、学生、ほか一般参加費 : 1,000円(資料代、交流会費、当日会場で集めます)

 

申込み : 下記申込み先へ、①氏名、②所属、③連絡先(電話、メール等)、④所属学会(ない場合はない旨を明記下さい)を記載の上、メールもしくはFAXで申し込みください。定員になりましたら、締め切らせていただきます。

 

【参加申し込み先】4学会フォーラム開催事務局     担当/森 高一FAX: 03−5432-5130   Mail:  kankyo@u-com.co.jp

 

プログラム(予定) 

 

 

12:30〜         受付 

 

13:30〜15:00  セッション1・「子ども・暮らし・環境」をテーマとした各学会からの発表 

 

15:15〜16:30  セッション2・上記発表をもとにしたパネルディスカッション、各学会紹介 

 

16:45〜         交流会 

 

18:00          終了

 

<セッション1>
セッション1では、それぞれの学会で今回のテーマに即した特徴的な実践事例を、具体的に現場の様子を交えてプレゼンテーションします。(質疑も含め各学会20分)

*各学会からは1事例としますが、それぞれの学会の総意を代表しての発表ではありません。あくまでも発表者個人の取り組みとしての発表となります。

 

<セッション2>
セッション1で発表のあったそれぞれの事例をひも解きながら、それぞれの学会でとらえている「自然とのかかわり」と人の成長、学びについて掘り下げていきます。

 

<発表者(予定)>
・仙田 満氏 (こども環境学会理事長、放送大学教授、環境建築家)・中山 豊氏 (こども環境学会専務理事・事務局長)

・阿部 治氏 (日本環境教育学会会長、立教大学教授)・岡島 成行氏 (日本環境教育学会副会長、大妻女子大学教授)・増田 直広氏 (日本環境教育学会理事、(財)キープ協会環境教育事業部)

・緒方 泉氏 (日本生活体験学習学会理事、九州産業大学美術館学芸室長)・南里 悦史氏 (日本生活体験学習学会会長、前東京農工大学教授)・佐々木 豊志氏 (日本野外教育学会理事、くりこま高原自然学校・代表)・坂本 昭裕氏 (日本野外教育学会理事、筑波大学准教授)

 

<展示>フォーラム会場前のスペースに、各学会の研究活動や機関誌について展示、紹介するコーナーを設けます。パネルやポスターでの掲示のほか、パンフレット、会報誌の頒布を行います。

 

<交流会>
セッション2終了後、同じ会場で参加者間の交流会を行います。簡単なお菓子と飲み物を用意しますので、情報交換、名刺交換等自由に進めてください。参加者は当日受付でお渡しする名札を着用いただきます。

 

企画担当 : 中山 豊 (こども環境学会専務理事・事務局長)上野 景三(日本生活体験学習学会事務局長、佐賀大学教授)森 高一 (日本環境教育学会理事、大妻女子大学非常勤講師)大石 康彦(日本野外教育学会理事、森林総合研究所多摩森林科学園グループ長)企画統括 : 日本環境教育学会企画委員会岡島 成行*、生方 秀紀、原田 智代、福島 古、森 高一  (*:委員会長)

〓〓 SITE 更新情報 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
スロータイムス★メールマガジン  http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/

大切なことを伝えよう 市民メディアslowtimes.net            http://slowtimes.net/
想いをカタチに  ソーシャルプロデュースネット        http://socialproduce.net/
こどもと地球の平和的未来をつくる教育 ESD    http://esd.weblogs.jp/ 


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
スローレポート『S−Report』●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。
●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。Slowtimes.net http://slowtimes.net              fq@slowtimes.net

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)