20100627

 

 

  つながり・創造・教育  2010年度EPA(関係性の教育学会)大会・総会 

 

 

 6月27日、東京の板橋の大東文化会館で2010年度EPA(関係性の教育学会)大会・総会が行われた。

 

 「関係性の教育学(Engaged Pedagogy)」は、ベル・フックスによって提唱された教授法(教育学)で、関係性の教育学会は学者だけではなく、翻訳家、学生、世界各国で様々な活動をしている人々が参加し、教育における関係性について考え、実践していくものである。

 

   関係性の教育学会

 

 当日は、朝から実践・事例・研究発表が行われ、午後にはシンポジュウム「つながり・創造・教育」ワークショップが行われた。

 

「コミュニケーションアート「街並み絵巻プロジェクト」
「コミュニケーションアート「街並み絵巻プロジェクト」

 

 まず、 コミュニケーションアート(Communication Based Art)「街並み絵巻プロジェクト」について笠尾敦司氏(東京工芸大学)が 思い出横丁街並絵巻プロジェクトについて述べた。

 

 東京工芸大学芸術学部デザイン学科笠尾研究室では、新宿の思い出横町で大学でコミュニケーションデザインを学ぶ学生がワークショップを行い、いろいろなコミュニケーションの形を学ぶと同時に、「その場におけるコミュニケーションをもとに作品を制作し、その作品を展示することでさらに広がりのあるコミュニケーションを生み出すことを目指しているアートプロジェクト」を行っている。

 

街並み絵巻
街並み絵巻

 

 具体的に2008年から思い出横丁内で街並み絵巻を制作する参加型アートワークショップとして「通りがかった方たちが水彩画紙に描いた思い出横丁の街並みの線画の上に、透明水彩で着色し思い出横丁に関わる人達で一本の街並みを作り上げていくというもの」。

 この街並み絵巻を暖簾に印刷して、その場に展示して手ぬぐいやアロハシャツなどのグッズにもしている。

 このことでそこにいる人の価値を見いだし、そして、コミュニケーションして学び合う。

 

 

「私たちが等身大で向き合う平和~芸術を通して~」
「私たちが等身大で向き合う平和~芸術を通して~」

 

 次に、「私たちが等身大で向き合う平和~芸術を通して~」として島田奈津希氏(ボランティア・市民活動学習推進センターいたばし)と高橋眞菜氏(いたばしピース芸術祭実行委員長)が板橋ピース映画祭から始まる活動を語った。

 

 今年、1月に「板橋から平和を発信」をテーマにNPO等が環境・教育・福祉という分野を超えて、根本に平和(ピース)をおいて、『第1回いたばしピース映画祭“2010”』を開催した。

 「平和」についてあまり考えたことのないふつうのひととして、等身大で向き合う平和について考える機会をつくったと述べた。 

 これからも平和であり続ける大切さを考えるきっかけとして、誰でも参加して平和を考えるための板橋ピース芸術祭を準備している。

 

ボランティア・市民活動学習推進センターいたばし

http://homepage3.nifty.com/gakusyu-itabashi/

 

 

「フルクサス(Fluxus)パフォーマンス」 各人が別のパフォーマンスをしている。
「フルクサス(Fluxus)パフォーマンス」 各人が別のパフォーマンスをしている。

 

 そして「フルクサス(Fluxus)パフォーマンス」として Taylor Mignon氏(大東文化大学)による全員参加のパフォーマンスが行われた。

 フルクサスは、アメリカ人のジョージ・マチューナスが主唱した1960年代を代表する芸術運動で、多国籍のグループ(アメリカ、日本、ドイツなど多数)による美術、音楽、詩、舞踏など広い芸術ジャンルがクロスしたものである。

 

 

「構想集約ワークショップ  ”銀河★星のゆりかご”」
「構想集約ワークショップ  ”銀河★星のゆりかご”」

 

 「構想集約ワークショップ  ”銀河★星のゆりかご」(C)がファリテーター長岡 素彦(持続可能な開発ための教育の10年さいたま 代表)によって行われた。


構想集約ワークショップ  (C)
構想集約ワークショップ (C)

 このワークショップは、参加者が私のテーマ、「わたしがしていること、目指していること」をフリップに書いてグループで論議して、ワールドカフェのように、別のグループへ移って論議するものである。

 これらを繰り返していろいろな人と私のテーマについて話し合い、他の参加者のテーマを理解して、共通の重要なことを紡ぎだし、最後に、自分のフリップをも他の人のテーマとの関係を考えて床に置き、みんなで考えるものだ。

 このようにして、バラバラな私のテーマ、「わたしがしていること、目指していること」が他の参加者のテーマと同じところ、違うところを見て、そのつながりが見えてくる、というものだ。

 

 

  昼食時に映像作品として「倒れたる者への祈祷」(富山 妙子・19805月光州)、「希望の学びアマルちゃん」、「川越まち語り」「クッキープロジェクト」などが上映された。また、「思い出横町」の8mののれん絵巻も展示された。

 

    全体を通して 「つながり・創造・教育」 を考える大会であった。

 

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)