20100603

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 スローレポート 『S−Report』 (6/3号)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


  ◆◆◆      純手打ち讃岐うどんゴーシュ       ◆◆◆ 

      ニート&軽度障がい者の自立支援とスローワーク

 

 

  埼玉県の長瀞は川下りや石畳散策が楽しめる観光地である。

 

 

 その観光地の一角に純手打ち讃岐うどんの店「ゴーシュ」がある。  店名の「ゴーシュ」は宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」からきている。  

 純手打ち讃岐うどんの店「ゴーシュ」  http://www7b.biglobe.ne.jp/udongoshu/inf.html

 

  今回は、「ゴーシュ」代表の北澤裕美子氏からその内容をお聞きした。 北澤氏は、地域で音楽教師としてリトミック教育を行ううちに母親たちの子育ての相談に乗ることから子育て支援を始め、全県的子育てネットワーク「彩の子ネットワーク」に参画し、子育て支援を推進していた。  そして、支援が必要なこどもたちの行く末を考えて、ニート&軽度障がい者の自立支援のためにうどん屋「ゴーシュ」を起業したという。 北澤氏は若者や家族をとりまく現状や一般就業することの困難さやここで働いた若者が企業に就職できた事例などを語った。    

 

 また、ここでは、うどん屋として純手打ち讃岐うどんにこだわってるという。 世の中に「手打ちうどん」の店は多いが、うどんをつくる工程で一部に機械を使っても「手打ちうどん」と称しているのが普通だ。 北澤氏は、純手打ち讃岐うどんを出すことによって「ゴーシュ」は自立支援の店だけではなく、本物を出す「うどん屋」としていきたいという。  しかし、リーマンショック以来、観光客や来訪者がめっきり減っているという。 開業以来、メニュを増やしたりして経営努力をしてきたが、なかなか経営は難しいという。

 

 さて、最近では働いている当事者がつくった生キャラメルが好評だ。 生キャラメルをつくるのは根気にいる作業であるが、ここの生キャラメルは丁寧につくられている。  市場中心の経済が効率化や過剰な営利をもとめた結果、仕事はファースト・ワーク、効率・営利中心の仕事のやり方となってしまった。 そこで提供されるファーストフードも体や自然によくないものや「手打ち風」「自然風」のモノばかりとなった。 

 

ここゴーシュの純手打ち讃岐うどんや丁寧につくられている生キャラメルはスローな仕事によって作られている。    

 

◆◆◆             ご案内              ◆◆◆

 

ESD-J全国ミーティング2010

 



今年の全国ミーティングは、ワールドカフェスタイルで100人規模の対話型のミーティングを開催します。
全国でESDの実践に取り組む方、研究している方、悩んでいる方、これからやってみたい方皆さんの思いと経験と知恵を集結しましょう。
ESDを通じた持続可能な地域社会の実現に向けまた、ESDの10年最終年である2014年に向けてESD-Jとして何に力を入れ、何を実現していくべきなのか、一緒に議論を深めましょう。

■開催概要:
 日 時: 2010年6月12日(土)13:00-18:30(19:00~交流会)
 場 所: JICA研究所 国際会議場(東京都新宿区市ヶ谷本村町10-5)
 主 催: NPO法人持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 参加費: 会員/学生:1000円、一般:2500円(お茶付き) 交流会費別途:3000円予定
 定 員: 120名(先着締め切り)

※午前中にESD-J総会を開催しております。総会参加者で、お昼にお弁当をご要望の方は下記申込より、お弁当希望欄をご記入ください。(800円程度予定)

※託児について
2才以上のお子さんに限り、有資格保育士とボランティアメンバーが、お子さんをお預かりします。(要事前申し込み)
託児代:お子様お一人につき¥500円(保険代)
お子様のおやつ・飲み物はご持参ください。
託児のお申し込みは、ミーティングの参加申し込み手続き時に登録をお願いいたします
お問い合わせ
ESD-J 事務局 担当:齋藤、村上
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2
E-mail:z_mtg@esd-j.org  TEL:03-3797-7227 FAX:03-6277-7554


〓〓 SITE 更新情報 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
スロータイムス★メールマガジン  http://www.slowtimes.net/slowtimes-1/

大切なことを伝えよう 市民メディアslowtimes.net            http://slowtimes.net/
想いをカタチに  ソーシャルプロデュースネット        http://socialproduce.net/
こどもと地球の平和的未来をつくる教育 ESD    http://esd.weblogs.jp/ 


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
スローレポート『S−Report』●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。
●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。●この情報レポートが不要の場合はご連絡または、下記でお願いします。Slowtimes.net http://slowtimes.net              fq@slowtimes.net

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)