20100420

        3人の先生たち〔上〕 岡田外相の挨拶〔下〕
        3人の先生たち〔上〕 岡田外相の挨拶〔下〕

 

国会で国会議員が「生徒」にな

 

 子どもたちが「先生」となる
 
 「世界一大きな授業」

 

 

 「世界中の子どもに教育を」キャンペーン「世界一大きな授業」では世界中で同じ日に同時に授業を行っている。


 昨年は、日本の小中高校153校から約2万人の生徒が、世界では1200万人以上がキャンペーンに参加。

 

 「世界中の子どもが教育を受けられることを願って、 180ヶ国のNGO(民間の国際協力団体)や教職員組合が運営するネットワーク「教育のためのグローバル・キャンペーン」(Global Campaign for Education)では、ユネスコとユニセフの後援のもと、 2002年より毎年4月に教育のための世界キャンペーンを行っています。
 今年は、アフリカで開催されるサッカーのワールドカップ(6~7月)にあわせて、FIFA(国際サッカー連盟)と連携して、教育のための資金について考える「世界一大きな授業」を世界同日に行います。 」 〔同趣旨〕

 

 この「世界一大きな授業」の一環として4月20日に国会内でも岡田外務大臣はじめ国会議員が「生徒」になり子どもたちが「先生」になって「世界一大きな授業」を開催した。

 

  関係者挨拶、岡田外相の挨拶に続き、先生である3人の高校生が自らの体験も交えて議員たちに世界と子供たちの現状を話し議員に3つの支援の提案を行った。

 

 次に、俳優の滝田栄氏がNGOのインドでの子供たちへの教育支援ついて語った。

 

 その後、会場での質疑と討議が行われた。

 

  この様子はUSTREAMチャンネルの中継で見ることができたと同時にtwitterで

コメントが交わされた。


  同キャンペーンサイト http://jnne.org/gce2010/

 

 

「世界一大きな授業」 主催・実施・後援・賛同団体


主催:教育協力NGOネットワーク(JNNE) <途上国で教育協力を行う28のNGOのネットワーク>
共催:立教大学ESD研究センター
実施:「世界中の子どもに教育を」キャンペーン実行委員会
構成団体:
ACE、 オックスファム・ジャパン、 シャンティ国際ボランティア会、 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、
プラン・ジャパン、 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、 ユネスコ・アジア文化センター、 ラオスのこども
後援:文部科学省、 外務省、 国際協力機構(JICA)、 開発教育協会(DEAR)、動く→動かす
賛同:国際開発救援財団(FIDR)、ワールド・ビジョン・ジャパン、アフリカ地域開発市民の会(CanDo)
協力:地球対話ラボ -生中継協力
キャンペーン事務局
代表:森 透 教育協力NGOネットワーク(JNNE)副代表、(特活)ラオスのこども共同代表
事務局:プラン・ジャパン内 「世界中の子どもに教育を」キャンペーン事務局

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)