20100418

 

 

10年目のアースデイ東京    EARTHDAY EVERYDAY!!

      

 

 4月17、18日、アースデイ東京2010が東京の代々木公園で開かれた。

 

 日本最大のアースデイであるアースデイ東京は今年で10回目をむかえた。

 1970年にアメリカで始まったアースデイは4月22日に40周年を迎えるが、この間に地球・地域の環境は悪化し持続不可能な状況となっているが、環境活動の広がり、市民だけでなく自治体・企業の努力も行われた。

 

 「今年も代々木公園を中心に、豪華ゲストが登場するアースデイコンサートや「地産地消」をキーワードにしたアースデイキッチンなど、様々な企画が実施されます。
 代々木公園会場では、BDF・バイオディーゼル燃料導入を始め、Solar・太陽光、Hydrogen・水素エネルギーなどの自然エネルギーの導入により、ステージ・会場内の電気を供給、100%自然エネルギーでイベントを開催します。」〔サイトより〕

 

 アースデイ東京:http://www.earthday-tokyo.org/

 

モニュメント
モニュメント
アースデイコンサート 「ゴンチチ」   Powered by BDF                                                                              
アースデイコンサート 「ゴンチチ」   Powered by BDF                                                                              
フェアトレードマーケット&ピースマイルステージ powered by Hydrogen
フェアトレードマーケット&ピースマイルステージ powered by Hydrogen
リサイクルトレード
リサイクルトレード
企業ブース
企業ブース
◆アースデイキッチン 食器リユース
◆アースデイキッチン 食器リユース

 

  この10年でアースデイ東京は大きく変化した。

 

 会場で使っている食器や包装だけでなく、エネルギーも再生可能なものでまかなわれ、企業や労金、労働組合の出展もあった。

 

 参加者も「エコに関心のある若者」だけでなく、家族連れ、熟年のカップルなど幅広くなった。 

 

 今後もアースディの役割は大きくなる。

 

 EARTHDAY EVERYDAY!! を目指して。

 

 

40年後へのメッセージ
40年後へのメッセージ

 

(参考) 

 

アースデイJPでは新たな試みを計画している。

 

「1970年に米国で始まったアースデイ。2010年4月22日に40周年を迎えます。

この40年間に戦争や核実験、原発事故や気候変動、ゴミ問題など生命や地球環境にとって、負荷となるような様々な出来事があり、世界各国とその自治体、様々な企業/団体や個人の努力によって地球環境も改善され続けてきました。しかし、戦争や核兵器、二酸化炭素や核廃棄物、生物多様性の問題など課題はつきず、まだまだアースデイの役割は終わっていません。

『アースデイ日本◎1990⇔2000◎東京連絡所』の意思を継ぎ、日本各地のアースデイの紹介とそのネットワーク作りの試みとして、2003年に始まったアースデイJPですが、アースデイ40周年を記念して、新しい試みを始めることにしました。

『アースデイJP アクション&イベントサイト』 
URL: http://fes.earthday.jp

親しみやすいデザインを心がけ、新しい技術やサービスを利用することで、各地のアースデイのアクションやイベント情報にアクセスしやすくなりました。また、南兵衛@鈴木幸一氏による「アースデイのつくりかた」など、今後も独自コンテンツを充実させていく予定です。」

アースデイJP 世話人 一同

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)