20100410

                   会 場
                   会 場

 

 

  市民が企画・運営する生涯学習

 

 

  -わかば大学塾 in 鶴ヶ島市

 

 

 

 

 

 わかば大学塾は市民が主体となって講座を企画し、講師を行い、運営する生涯学習事業で「 「教える生きがい」と「多様な学習機会」を創出することにより、市民が主体となって相互に学び合い、教え合い、高め合うことを通じ、生涯学習の振興を図り、以て鶴ヶ島市の「まちづくり」「ひとづくり」に貢献することを目的」としている。

 このわかば大学塾は鶴ヶ島市の企画提案型協働事業として市民活動団体「わかば風の会」が同市と協働で実施するものである。

 わかば大学塾は第1期は1月から開始しており78講座の応募があり、10月からの第2期の説明会と募集が行われる予定である。

 

 4月10日、鶴ヶ島市富士見公民館でわかば大学塾の「疑問解決!!  超・情報整理学」をソーシャルプロデュースネット代表の長岡素彦が行った。だまされない食品表示の見方から社会の仕組みまでの情報の仕組みの読み解きと情報の整理法を語った。

 

 また、わかば大学塾塾山本恵男氏は「私も自分で講座をもっているが、自分が教えるために勉強した。みなさんも、ぜひ応募して自分の講座を開催してください。」と語り、このわかば大学塾はそういうことで学びを深め合うことが目的だと述べた。


鶴ヶ島市
http://www.city.tsurugashima.lg.jp/webkouhou_back/webkouhou_0911/tokusyuu/03.htm

 

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)