20100404

            フォーラムの様子
            フォーラムの様子

 

 

 

  事業仕分けでなく、事業仕上げ

 

   - 「支え合いを形にする」事業仕上げフォーラム

 

 

 

 

 

 

  4月4日、「支え合いを形にする」事業仕上げフォーラム(主催:同実行委員会、コミュニティケア活動支援センター)が東京の文京シビックホールで行われた。

 

 コミュニティケア活動支援センター(コムケアセンター)は2001年に市民活動の共創型相互支援の輪づくりを目指し設立され、市民活動の交流・支援のためのサロン「コムケアサロン」の開催や住友生命社会福祉事業団などの「コミュニティケア活動支援」の受託事務局として市民活動の新しいプロジェクトを支援してきた。

 コムケアセンターは毎月のサロンを行っている他にコムケアフォーラムを行ってきた。当初は資金助成型の「コミュニティケア活動支援」を行い、次にNPOの事業化を支援する「インキュベーション型フォーラム」を行っており、今回は事業仕上げフォーラムを実施した。

 

 事業仕上げフォーラムは「支え合いを形にする」ことをテーマにして「こんなプロジェクト(活動)を立ち上げたいのだが、自分ひとり(自分たちのグループ)だけではなかなか難しいという思いをもっている人からその構想を発表してもらい、関心を持った人たちで、その事業を実現していく方策を考えて、実現に向けての一歩を踏み出す場を目指すフォーラム」である。〔同趣旨より〕

 

 まず、ソーシャルプロデュースネット代表長岡素彦の「支えあいのための事業LLPジョイントベンチャー」、LLPコモンズ手賀沼事務局長の槙慎吾氏の「創年のたまり場とワンコイン・カフェ」、企画・宣伝協同組合エコフィールド事業本部の宮部浩司氏の「清水なめこ興し」(過疎地特産品応援プロジェクト)、酒田市市議会議員の佐藤丈晴氏の「地域商店街元気プロジェクト」などの提案者の発表があった。

 そして、ワールドカフェ型のワークショップでは事業案ごとに入れ替わりグループとなって討議し、提案者が発表した。

   

 この「事業仕上げ」でわかったことは、多様な人の意見による検討の結果、「事業」のもとにある想いや願いに対して事業提案が想定していた対象や方法が違っていたことがわかった。
 例えば、我孫子の創年のたまり場は「団塊男性」を想定していたが、団塊男性だけでなく「三世代・夫婦」を対象に、新潟の清水地区場合「清水なめこ」だけでなく、「清水の人々」や自然を、酒田の地域商店街の活性化は「商店街」にとどまらず「地域」の活性化を基本に考えることが必要ということになった。

 

 まとめの中でコミュニティケア活動支援センターの事務局長の佐藤修氏は今回のフォーラムは参加者の相互作用がよい形を生む「創発」を目指したが、「その事業のもつ意味や価値を掘り下げて再考してみようという、まさに「創発」の前段階の「ゆらぎ」が生まれたのも、企画者としてはうれしいこと」であると語り、今後もこのフォーラムに続くアフタープログラムを行うが、いろいろなところで参加者が連携して、このような事業仕上げフォーラムを同時多発的に行ってほしい、と述べた。

 

 事業のムダをなくして合理的にする「事業仕分け」はよいことばかりではないが、やはり重要である。

 

 事業を具体化すれば、どんなに考えても当初の想いや願いをそのままは実現できない。また、事業は状況によって変化、または、変質してくるのはよくあることだ。 

 

 だからこそ、事業は常に再検討して、また、必要があれば新たに事業をおこす必要がある。

 

 そのためにも、事業を多様な人々の意見や力によって構想し、つながって構築する「事業仕上げ」は「事業仕分け」以上に重要である。

 

  今後もコミュニティケア活動支援センターでは下記の通り、この「事業仕上げ」を続けていくとのこと。
 

■コミュニティケア活動支援センター(コムケア)

 http://homepage2.nifty.com/comcare/

 

アフタープログラム

これに引き続き、5回連続の事業仕上げ支援コムケアサロンを開催する予定。

 

<予定>

第1回 テーマ:マネジメントゲーム(決定:4月11日午後)
第2回 テーマ:対話法
第3回 テーマ:マーケティング
第4回 テーマ:社会事業
第5回 テーマ:事業中間発表会(相互にアドバイスしあう会)

事業発表会(7月に予定)


第1回事業仕上げ支援コムケアサロンのお誘い

 

○テーマ:マネジメントゲームで「経営発想」を身につけよう
○日時:2010年4月11日(日曜日)午後1時~5時
○場所:湯島コムケアセンター
○定員:10人程度
○会費:500円
○講師:佐々木憲文
○申込み:コムケアセンターまで(comcare@nifty.com)

 

関連記事:

 

新しいスタイルのNPO支援 -コミュニティケア活動支援センターの試み
http://www.news.janjan.jp/living/0611/0611205024/1.php

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)