2/19号 CSR×ESD×まち育て

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 スローレポート 『S-Report』 (2/19号) 
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 今回は3つの発表のご紹介です。

◆◆◆……       CSR×ESD×まち育て           ……◆◆◆

 埼玉地域ファンド研究会は、助成金、寄付、地域通貨、CSRなど、多様な切り口で勉強会を毎月第三水曜日に開催中しています。
 今回は、「環境×CSR×ESD  ~企業のCSR実践事例紹介から~」として事例を通して「サスティナビリティ経営」と「ESD(国連・持続可能な開発のための教育)」について語ります。


 第10回「住まい・まち学習」実践報告・論文発表会は、各分野・学会に分散している住まい・まち学習関係者が分野を越えて集い、成果・情報を交換・蓄積していくために論文集の作成・発表を毎年実施しています。
 今回は、「まち育てとしての住職まちづくりの可能性 - まちづくり住職フォーラム」として事例を通して「住職まちづくり」と「まち育て」について語ります。


 ESD-J全国ミーティング2009は、ESDの今を伝え、これからを一緒に語り合える場、参加者同士が互いの活動から学びあい、活動のヒントや元気を持ち帰れる場です。
 今回は、「ESDですすめる Part2 -「ESD地域・学校教育連携フォーラム」・「ESDワークショップ」・CSR」として事例を通して「ESD・教育」と「持続可能な地域づくり」について語ります。


◆◆◆……             ご案内              ……◆◆◆

★★★★★埼玉地域ファンド研究会 第25回ご案内★★★★★ 

 環境×CSR×ESD  ~企業のCSR実践事例紹介から~

 お話:持続可能な開発のための教育の10年さいたま(ESDさいたま)
       代 表 長岡 素彦さん 

斜陽産業がシェアトップの環境企業に?

なぜ生協が漁業者と森づくりを行なっているのか?

環境CSRの数多くの実例を紹介します。

また、「サスティナビリティ経営」
   「ISO26000(社会的責任の規格)」
   「ESD(国連・持続可能な開発のための教育)」

などのキーワードを交えながら、

企業のCSR活動と本業との関わりについてお話いただきます。


■日 時 2月18日(水) 19時~21時 

■場 所 浦和コミュニティセンター 第13集会室
     (浦和駅東口 目の前 パルコ10階)

■参加費 500円(資料代、ミニ事例集付き)

■主 催:埼玉地域ファンド研究会

■内 容: 1.企業の環境CSRの事例紹介・質疑
      2.今後のファンド研運営についてワークショップ

■定 員 :30人

■参加申込「2/18ファンド研参加希望」とお名前を明記の上、
     ご連絡ください。 office@hands-on-s.org(若尾)


ーーーーーーーーーーーーーーー
★埼玉地域ファンド研究会とは?
ーーーーーーーーーーーーーーー
 埼玉地域ファンド研究会では、助成金、寄付、地域通貨、CSRなど、多様な切り口で勉強会を毎月第三水曜日に開催中!

 【最近の活動記録】
  第13回「CSR基礎講座1 富士ゼロックス埼玉の社会貢献活動」(2007.7.18)
  第14回「生活クラブ生協エッコロ基金 5年間からみえてきたもの」(2007.8.23)
  第15回「CSR基礎講座2 CSRと社会的起業スワンベーカリーの挑戦」(2007.9.19)
  第16回「CSR基礎講座3 企業メセナの歩み アサヒビール芸術文化財団」(2007.11.18)
  第17回「地域とつくるあったかショールーム 埼玉トヨペット」(2008.1.25)
  第18回「ホームレス等の生活再建相談をする~NPO法人ほっとポットの実践」(2008.5.21)
  第19回「みかんプロジェクト『さいたまCSR大調査』 実践報告(株)タムロン」(2008.6.18)
  第20回「中央ろうきんの社会貢献活動 働く人のお金が 社会を変える」(2008.7.16)
  第21回「社会に貢献するシゴトのススメ 学生ボランティア支援」(2008.9.18)
  第22回「スープと、お酒と、ときどき就労─コミュニティカフェの現場から」(2008.10.15)
  第23回「地域に根ざした企業の社会貢献活動~CANPAN CSRプラスの事例から~」(2008.11.19)
  第24回「食べて!遊んで!七輪だがし屋で地域交流 ─まちのえき「かめや」見学ツアー」(2008.12.13)


***************************************************

◆第10回「住まい・まち学習」実践報告・論文発表会

 http://www.jusoken.or.jp/jukyoiku.htm

**************************************************
(財)住宅総合研究財団で設置し、各分野・学会に分散している住まい・まち学習関係者が分野を越えて集い、成果・情報を交換・蓄積していくために論文集の作成・発表を毎年実施しております。

第10回「住まい・まち学習」実践報告・論文への応募論文から、10編程度の発表を行います。

●日時:2009年2月21日(土)13:30から17:00(終了後、交流会を予定しています)

●会場:建築会館302・303会議室(東京都港区芝5丁目26番20号)

1:趣旨説明(小澤紀美子(東京学芸大学 名誉教授)

2:論文発表

http://www.jusoken.or.jp/jukyoiku.htm

■長岡素彦 発表14:45~(予定)

まち育てとしての住職まちづくりの可能性
  - 「まちづくり住職フォーラム」


●申込:こちら↓のフォームからお申し込みください。
http://www.jusoken.or.jp/jukyoiku_form.htm

●問合先:(財)住宅総合研究財団 住教育担当
〒156-0055 東京都世田谷区船橋4-29-8 
tel 03-3484-5381,fax 03-3484-5794

-━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ESD-J全国ミーティング2009
地域の実践から探る・創る・広げる 日本型ESD(仮題)
-ESDの飛躍に向けて、戦略と実践をさぐる2日間-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.esd-j.org/j/activity/activity.php?itemid=2533

日時:2009年2月21日(土)13:30-18:30 (18:30~交流会)
       22日(日)10:00-16:30

会場:国際協力機構研究所 (JICA研究所)

参加費:

・2日間参加:会員/学生:3000円、一般:6000円(2日目お弁当付き)
 ※1日目のみ参加:会員/学生:1000円、一般:3000円
 ※2日目のみ参加:会員/学生:2000円、一般:4000円(お弁当付き)
・交流会別途(1日目)立食パーティー:3000円 
⇒同時に入会の申し込みをいただければ、会員価格で参加OKです!
http://www.esd-j.org/j/admission/admission.php

定員:150名 (受付先着順、お早めにお申し込みください)

開催趣旨:
・ESDの今を伝え、これからを一緒に語り合える場
・参加者同士が互いの活動から学びあい、活動のヒントや元気を持ち帰れる場
・ESD-Jの役割、戦略、活動成果を共有できる場

⇒詳細はこちらへ
http://www.esd-j.org/j/activity/activity.php?itemid=2533


分科会:全国各地のESD活動発表会 17:00 から

ESDですすめる Part2
 -「ESD地域・学校教育連携フォーラム」・「ESDワークショップ」・CSR

 持続可能な開発のための教育の10年さいたま(ESDさいたま) 代表 長岡素彦


コミュニティワーカーネット「まきコミュニケーション」2月学習会

【日 時】2月19日(木) 19時~20時半位 

【場 所】東京国際大学第二キャンパス 福祉実習棟
埼玉県川越市的場 2509
大学へのアクセス:http://www.tiu.ac.jp/about_tiu/about/access.php
キャンパス内の地図:http://www.tiu.ac.jp/about_tiu/about/campus02.php

【内 容】

熱血社協マン 安藤雄太氏による

「社協魂」基礎講座~社協の原点とこれから~

東京都社協のはぐれ愚連隊として、ボランティア・市民活動センター運営に長年携わってきた安藤雄太さんは、社協ミッションの伝道師?として全国を行脚してこられました。しかし今年3月で、社協歴38年となり定年退職を迎えます。
そんな、安藤さんに改めて「社協の原点とこれから」について語っていただきます。社協のミッションって何? この先社協はどうなるの? 自分のやっていることはこれでいいのかな? そんな素朴な問いから一緒に考えられたらと思います

【申込み】お近くのまきコミメンバーまで

【主 催】:コミュニティワーカーネット「まきコミュニケーション」通称:まきコミ
http://blog.canpan.info/vcsc/ 

安藤雄太氏のプロフィール
東京ボランティア・市民活動センター副所長。(東京都社会福祉協議会)
現在、立教大学大学院、ルーテル学院大学非常勤講師他,東京都震災復興検討会議委員をはじめ各区市町村行政の各委員,日本ボランティアコーディネーター協会などNPO法人の役員を歴任。『ボランティアまるごとガイド』(ミネルヴァ書房)他多数


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スローレポート『S-Report』
●ご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

●掲載された記事を許可なく使用することはご遠慮ください。
●ご紹介または転載等のご相談は下記までお願いします。
●掲載している情報は各人の責任においてご利用ください。
●この情報レポートが不要の場合は下記までお願いします。

SlowTimes  http://slowtimes.net


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)