地域情報研究 from 2000

 

 全国各地の活性化、地域づくりへの取り組みを支援していくことを目的としています。

 これまで地域活性化・振興への視点は「経済活動」が中心でした。しかし、これからの地域活性化・地域づくりには「社会活動」の視点も必要です。住民の生活をはじめ社会活動の面からの活性化・地域づくりがこれからますます重要となります。地域情報研究所では経済、社会の両視点から地域活性化・地域づくりを考えていきます。

 これらの視点から地域活性化、地域づくりを進める上では、情報が大きな役割を担うことになります。情報の収集、整理、活用をいかに行うか、行えるかが成果に大きな影響を与えることになります。しかし、必要情報と収集情報にギャップがあるなど多くの課題を抱えているのが地域の現状といえるでしょう。 

 地域情報研究所ではこうした観点から、情報を主体とした各種サポート、コーディ ネート、必要情報提供を行っていくことで、地域活性化、地域づくりを支援していきます。 

 

 

 分 野 (調査研究・情報発信・その他)

                   

  R.地域活性化や地域づくりにかかわる企画、調査研究、情報提供

  地域活性化、地域づくりのための企画

  調査・研究の受託

  情報提供

  情報検索代行

 

  I.地域活性化や地域づくりにかかわる情報受発信システムの提供

  地域情報データベースの構築、提供

  デジタルコンテンツの作成、提供

  情報受発信システムの構築と提供  

  その他情報受発信システムに関わる付帯事業

  電子出版・オンデマンド出版

 

  S. 地域活性化や地域づくりにかかわるサポート、コーデイネート

  企画、調査研究、情報提供のサポート、コーディネート

  情報受発信システムのサポート、コーディネート  

  教育・eラーニング

  ワークショップの運営

  その他地域活性化にかかわる付帯事業

 

 内  容

  1.経済活動の支援          2.社会活動の支援

    -地域活性化への支援        -地域づくりへの支援

  地域計画支援                  地域コミュニティ活動支援

  農林水産業支援                 タウンモビリティ・ 地域交通支援・住環境支援

  伝統工芸支援                  文化活動支援

  流通支援                     学習・研究支援

  サービス業支援                 環境活動支援

  産業支援                     福祉・健康活動支援

  ソフト産業支援                  労働活動支援

  起業支援                     その他の活動支援  

 

 活動概要

 

  1.重点支援

 このような業務の中から地域情報研究所が重点的に支援していくテーマをネット、メディア、エイドの各分野で設定しています。

 

  2.アクションプラン・自主研究

 地域活性化や地域づくりのための問題点把握や解決方向などについてのアクションプラン・自主調査・研究を行い、情報の蓄積や提供を行います。

 

  3.プロジェクト  

 「e-tiiki」とは「いい地域」であるとともに「情報を活用してつくられる地域」でもあります。「情報を活用していい地域をつくる」、これが地域情報研究所のテーマであり、活動です。

  4.e-相談  

 業務に限らずe-相談、e-出前講座(お試しあり)、e-情報支援などの相談・支援活動をしています。

 

 

にぎわい Nigiwai  経済活性化 地域交流と活性化

  主に経済活性化の観点からのアクションプラン・アクションリサーチ(自主調査研究)・アクションラーニングのモデルです。

 

おうらい Ourai    社会活性化 地域情報化

  主に社会活性化の観点からのアクションプラン・アクションリサーチ(自主調査研究)・アクションラーニングのモデルです

 

 

 

 

 

連載 月刊「広報」「地域情報道案内」


社団法人日本広報協会の月刊「広報」に「地域情報道案内」の連載をしました。
この連載の地域情報研究所(NGO)の目的は、国、都道府県、市町村の広報部局や担当者にNPO・市民活動への理解を求めるためです。

 

03/12

第1回 「日本におけるNPO・NGOの実状とは」 多分野で活躍する現在のNPO

04/ 1

第2回 「震災が進めたコミュニケーションの力」 まち・コミュニケーション

04/ 2

第3回 「多彩な広報支援も行う中間支援組織」 さいたまNPOセンター

04/ 3

第4回 「産・官・学・野を結ぶNPO活動」 

地域交流センター

04/ 4

第5回 「市民自らの手で実現した

        無線LANサービスの提供」 

日本サスティナブル・コミュニティ・センター (SCCJ)

04/ 5

第6回 「市民の主体的なまちづくりを支えるサポート事業の数々」 

財団法人 千代田区街づくり推進公社

04/ 7

第7回 「地域広報の担い手として健闘する二つのタウン誌」

神田ルネッサンス、週刊きちじょうじ

04/ 8

第8回 「「こどもまちの記者」による地域発掘と広報 」 

文化発掘隊

04/ 9

第9回 「地域活動への公的情報支援」 

兵庫、山口の例

04/10

第10回 「まちと情報に広がるユニバーサルデザイン」 

NPO ユニバーサルデザイン・ステップ

04/11

第11回 「区民と自治体のパートナーシップ」 

横浜市都筑区、特定非営利活動法人 I Loveつづき

04/12

第12回 「えがおつなげて」に見るNPOの広報力」 

特定非営利活動法人 えがおつなげて

05/ 1

第13回 「失われた地域社会の再生を促す

           日本青年奉仕協会の活動 」 

社団法人日本青年奉仕協会

05/ 2

第14回 「文化を生み出すまちづくりと広報」 

大田文化の森運営協議会

05/ 3

第15回 「学生が築く大学と地域の連携」 

麻布大学学生

05/ 4

第16回 「民間企業による地域づくりへの挑戦

           只見を世界一の「本の街」に 」 

タモカク

05/ 5

第17回 「子どもが育つ子どものまちミニさくら」 

NPOこどものまち

03/10

番外 「知域力で地域を生かす」 WEB製作の現場から

 

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)