■■ 「こどもまちの記者」記事 ■■

 

 

  「大人の仕事をちょっと体験/子供企業塾(KIDS festival in 大手町) 」  

 

    ViVa!ボランティアネット 

 

    ViVa! 市民活動スクランブル第36回/Event Report (金井元貴/ViVa!コンテンツサポーター) 

    

   http://www.viva.ne.jp/library/scramble/36.html

 

 

  「こどもまちの記者発掘!」 

 

    街づくりニュース第91号  財団法人 千代田区街づくり推進公社 

    

    http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/koho/2004/0905/koho20040905_010.pdf

 

 

  「オフィス街に働くこども姿 東京・大手町」 

 

    サンケイビジネスアイ 8月17日号    

    

    http://www.business-i.jp/

 

 

   「こどもまちの記者」による地域発掘と広報  地域情報道案内(8)

 

    月刊「広報」 (社団法人 日本広報協会)    

    

    http://www.koho.or.jp/solution/publication/koho.html

 

 

   「こどもまちの記者」キックオフイベント、盛況のうちに終了  

 

    ViVa!ボランティアネット  ViVa! News Flash (金井元貴/ViVa!コンテンツサポーター)    

    

    http://www.viva.ne.jp/news/archives/000237.html

 

 

               ■■ 「こどもまちの記者」について ■■

 

   

 

 各地でこどもが取材をしている事例

  チルドレンズ・エクスプレス、ヨミウリ・ジュニア・プレス、子ども通信社「VOICE(ボイス)」 

 

 各地でこどもまちの記者のワークショップやイベント行っている事例

  5月4日~5日  こども環境学会設立大会イベント

 「こどもまちの記者」トライアル    

  7月11日     2004年度山口情報芸術センター 

              『メディアリテラシー講座 ~社会を学ぶ・メディアに学ぶⅡ~』  「メディア体験①~取材~」

 

  7月18日     夢のあるまち川越みっけ(川越JC) 「小江戸こどもまちの記者」

 

 各地でこどもが取材をして事例です。

 チルドレンズ・エクスプレス/CE (アメリカ、イギリス、日本 東京)

 チルドレンズ・エクスプレス は8才から18才までの子どもたち(チルドレン)が、ジャーナリズム活動を通して自分の考えを表現する(エクスプレス)団体です。 自分たちの身近な問題についての考えをメディアを通して社会に伝える力と機会を与えることを目指しています。

 CEは1975年に、社会的弱者である子どもの声が世の中に届くことの重要性を痛感していたニューヨークの弁護士が、自宅を拠点にスタートさせたのが活動の始まりです。

 

  チルドレンズ・エクスプレス  http://www.cenews-japan.org/  チルドレンズ・エクスプレス財団(本部ニューヨーク)

 ヨミウリ・ジュニア・プレス/YJP (日本 首都圏) 

 ヨミウリ・ジュニア・プレス(YJP)は、首都圏の小・中・高校生で編成されるジュニア記者が、木曜日の読売新聞「KODOMO伝える」面の記事を書いています。

  「子どもたちの社会参加を促し、国際性を身につけさせたい」との願いから読売新聞社が1984年、アメリカのNPO「チルドレンズ・エクスプレス文化財団」の協力を受けながら「ヨミウリ・チルドレンズ・エクスプレス」との名前で、1期生25人でスタートしました。3年後、読売新聞社独自の子ども記者団となり、名前も10年前、現在の「ヨミウリ・ジュニア・プレス」に改めました。  

 

  ヨミウリ・ジュニア・プレス  http://www.yomiuri.co.jp/junior/  読売新聞社

 子ども通信社「VOICE(ボイス)」 (日本 首都圏) 

 VOICE(V:声、O:意見、I:アイディア、C:子ども、E:エンパワーメント)は、9歳から18歳までの子ども記者によるメディア・通信社です。「どんな取材をするか?」について決める時は、子ども記者のアイディアがそのまま企画になります。VOICEは子どもを含めた「声なき声」を世界に伝えるため、これまでいくつもの記事を配信してきました。

 

  子ども通信社「VOICE(ボイス)」 http//www.kidsvoice-jp.org  VOICE

 千代田こどもまちの記者 (日本 東京都千代田区) 

 千代田まちづくりサポート助成((財)千代田街づくり推進公社)を受けて市民が「こどもまちの記者による地域発掘と広報」というプロジェクトで、こども達が千代田区の生活や生活史を発掘(取材)、発信していくことです。

 

 主体 文化発掘隊(市民・学生グループ) 

 助成 財団法人 千代田街づくり推進公社 

 後援 特定非営利活動法人 市民コンピュータコミュニケーション研究会 (JCAFE)       

 会員 社会福祉法人 千代田区社会福祉協議会・ちよだボランティアセンター       

 文部科学省  「子どもの居場所づくり」 キャンペーン

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)