20200515

Civic Tech Live! Online 

 

概要

 

日時:5月15日(金) 19:00~21:00(18:50zoom接続開始予定)

 

場所:オンライン

 

・今村かずきさん「女将が伝授!GitHubコミュニケーション〜OSSの歩き方〜」

・林敬子さん「flowページ誕生秘話と、その後...」

・下山紗代子さん「COVID-19のデータはどの形のグラフで伝えるのが良いのか?」

・石井さん(Code for Gifu)「Code for Gifuのご紹介」

・武貞さん「延び続ける臨時休校期間の子どもの学びを、手元にある環境下でサポートできるのか?」

・吉倉英貴さん「ともに考え、勝手に作る」

 

内容

 

 東京都の新型コロナウィルス感染症対策サイト(他県に採用)は、企業が受注したものではなく、シビックテック(Civic Tech)としての市民集団「Code for Japan」が提案し、運営している(GitHub)ものです。 (注)報告数値は都のもので、それを信頼してアップしてます。

 シビックテック(Civic Tech)は、市民がテクノロジーを使い問題の解決をめざし、地域と世界をよりよくしていくものです。

 国内最大級のシビックテックイベント「Code for Japan Summit 2019」では、一般社団法人地域連携プラットフォーム「SDGsとシビックテック」を開催しました。

今回は、全国に広がる新型コロナウィルス感染症対策サイトに関わった市民がテクノロジーを使い問題の解決をめざすシビックテック(Civic Tech)のメンバーがGitHubの基本から各地の取り組みなどを発表しました。
また、参加者でアンカンファレンスをしました。

 東京都の新型コロナウィルス感染症対策サイトhttps://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ 

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

関連しているもの(リンク)

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、20年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。

 

 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved

(関係サイト)