201410091

 

 

ESD推進のための公民館 - CLC国際会議

 

1日目

 

 

 10月9-12日に「ESD推進のための公民館 - CLC国際会議」(主催 岡山市、公民館・CLC会議実行委員会、文部科学省) が岡山コンベンションセンターで開催された。

 この会議の趣旨として地域の学びを地域にいかすことなどを論議し、コミットメントを作成した。 

 

・目的

ESD推進における公民館とCLCの重要性を確認する。

公民館とCLCにおけるESDの好事例を共有し、成果と課題を議論する。

持続可能な社会づくりにおける公民館・CLCのビジョンを討議し、その実現に向けた方策を提言する。

 

開催要項

http://kominkan-clc.jp/material/pdf/overview.pdf

 

公式写真

http://kominkan-clc.jp/news/index.cgi?c=zoom&pk=13

 

1日目内容

http://kominkan-clc.jp/material/pdf/day1.pdf

 

 

 基調講演「持続可能な社会づくりにおける地域に根ざした学びの役割と展望」

 

         Dr. Arjen Wals ワーゲニンゲン大学教授(オランダ)

 

 

「ESD推進におけるCLCの役割と展望~インドネシアの事例から~」

 

   Dr. Fasli Jalal 家族計画調整委員会・会長(インドネシア)

 

「ESD推進における公民館の役割と展望」

 

     末本 誠 神戸大学教授

 

 

 ESDさいたまも展示しました。

 

 

「未来に負の遺産を残さない 学習による地域力の構築-ESDの10年の実践を通して」

 

 NPO法人ボランティア・市民活動学習推進センターいたばし 

 

 

「住民主体で地域課題解決に取組む、飯田型公民館の組織と活動について~飯田ムトス大学の取組から~」

 

    飯田市公民館

 

 

「ノンケーム地区のCLCにおけるコミュニティー福祉基金」

 

Mr. Perasak Chantachot ノンフォーマル・インフォーマル教育ピサヌローク地方事務所教育官(タイ)

 

「仲間(ピア)を基盤としたCLCへのアプローチ」

 

 Ms. Anjali Agagrwal マディヤ・プラデーシュインドール成人教育リソースセンター所長(インド)

 

社会目的教育(Social Purpose Education)のCLC事業への導入-イギリスの視点から-」

 

  Mr. Colin Barnes 労働者教育協会会長(イギリス)

 

 

「ESD推進のための公民館 - CLC国際会議」の1日目のまとめ。

 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved