201312071

 

 12月7日、「ICT地域連携フォーラムinさいたま」(主催 総務省関東総合通信局、関東ICT推進NPO連絡協議会)が浦和コミュニティセンターで行われた。

 

 TBSアナウンサーの秋沢淳子氏の司会で始まり、さいたま市清水市長の挨拶がさいたま市岡田情報統括官により代読された。

 続いての挨拶では、埼玉県企画財政部情報システム課課長の加藤信次氏が発信に力をいれたい、また、総務省関東総合通信局局長の岡崎俊氏が地域活性のための情報を提供したいと述べた。

 

 基調講演「映画の力でもりあげる」では、さいたま市を舞台にした映画「usualcolors」の主演女優兼プロデューサーの坂口彩氏、監督の冨澤十万喜氏、主演で制作総指揮の活野創氏が地域と映画について語った。

 坂口氏はさいたま市、観光協会や青年会議所、商工会議所の協力体制、クラウドファンティングによる資金集め、SNSを有効に活用できたことなどを語った。

 

「埼玉県の若手クリエイター支援の取り組みについて」として埼玉県産業労働部商業・サービス産業支援課映像コンテンツ担当主幹の小川正見氏が埼玉県の映像コンテンツ戦略について述べた。川口市にあるSKIPシティが中心で育成や若手登竜門として国際映画祭、長編映画向けDーMAP、短編映画向けGo allプロジェクトの取り組みについて語った。

「アマチュア映像作家の発掘と育成について」NPO法人東上まちづくりフォーラム理事、市民映像フォーラムの松下明正氏が過疎高齢化という問題を抱えたまちを映像作品を作ることで活性化した事例を述べ、作品を上映した。

「わがまちCMコンテスト2013」として総務省関東総合通信局情報通信部情報通信連携推進課課長の山本正文氏から結果報告と分析があった。

 

 パネルディスカション「埼玉発の映像まちづくりの方向性」では、TBSアナウンサー秋沢淳子氏、公益社団法人埼玉デザイン協議会理事の権田功氏、株式会社デジタルSKIPステーション マネージャー 鈴木みどり氏、NPO法人地域資料デジタル化研究会 副理事長 丸山高弘氏、さいたま市政策局制作企画部シティセールス推進課 課長補佐 柳田香氏をパネリストとして、城西大学経済学部客員教授の勝浦信幸氏のコーディネーションで、映像の力、映像とITCのからみ、映像をまちづくりにどう生かすか、まちづくりとは何かなどが論議された。

 

参考

http://www.youtube.com/watch?v=3JGRg8nIzK0 

  Slowtimes.netは、誰もが生きやすい生活や仕事のありかた(スローライフ・スローワーク)について考えたい、何かしてみたいというひとに情報を提供する市民メディア、オルタナティブメディアで、ネットワークトジャーナリズムを目指しています。

   Slowtimes.netサイトをリニューアルしました。このサイトは最初はウェブ(HTML)でつくられ、続いてCMS(Xoops)となり、さらに、今回の形となりました。

   今回のSlowtimes.netサイトのリニューアルは、ネットの情報発信がメールマガジンやメールニュースなどの「メールメディア」とブログなどの「ウェブメディア」を融合し、映像や音声を使ったカタチにシフトしていくのに対応したものです。

 

◆メールニュース・メールマガジン

 1999年より発行のメールニュースの週刊「S-Report」は、15年を超えて、メール配信しました。
 現在はこの場所で配信しています。


 

◆メディア★カフェ
メディア★カフェはメディアや情報をテーマにしている活動を紹介し、気軽に話し合うカフェです。

 カフェTV、市民メディア・ブレゼン、インフォマーシャル(Infomercial)などを行います。

 

◆フォーラム

 市民メディア全国交流協議会、MELL EXPO (メル・エキスポ)どのメディアのフォーラムに参加しています。

 

サイト・プライバシーポリシー

 当サイトではサイト・プライバシーポリシー・サイト参加規約などを定めています。

 

検索

 

   (c) Slowtimes.net

2009.2006.2004.1999 All rights reserved